水産物の輸出入や加工販売を行うマルハニチロが「回転寿司に関する消費者実態調査 2020」を発表した。

回転寿司“人気ネタ”ランキング2020発表! 不動のトップの隠れた歴史とは
番組をみる »

(マルハニチロ調べ/期間:3月3日~9日の7日間、対象:月に1回以上回転寿司店を利用する全国の15歳~59歳の男女1500名ずつ計3000人、インターネット調査)

 今回で10回目を迎える同調査。今年の「回転寿司店に行った際によく食べているネタは?」の回答を見てみると、5位にエビ、4位にハマチ・ブリがランクイン。3位にマグロ・中トロ、2位にマグロ・赤身が続いた。

【映像】意外と多い? 男女3000人に聞いた「回転寿司デート」を経験した割合

 数ある種類の中で、1位のネタに輝いたのはサーモン。サーモンは2012年の調査から9年連続で1位に輝いており、回転寿司の人気ネタとして不動の1位を築いている。

 寿司は江戸時代からあると言われているが、サーモンが寿司ネタとして親しまれるようになった歴史は浅い。「ノルウェーサーモン」の公式ホームページによると、日本でサーモンが食べられるようになったのは、1980年代以降のこと。当時、生食に適さないサーモンは日本で食べられていなかったが、生食に適した養殖サーモンを輸入することで、日本の回転寿司店などで気軽に食べられるようになった。

 さらに同調査では、対象者に「寿司を何皿食べる?(平均)」「1皿いくらだと手が出ない?」「1人で回転寿司店に行ったことがある?」「回転寿司デートしたことある?」などを質問。回答データは以下の通り。

■「寿司を何皿食べる?(平均)」

男性 11.1皿

女性 7.9皿

■「1皿いくらだと手が出ない?」

男性 569円

女性 507円

平均:538円

■「1人で回転寿司店に行ったことがある?」

※「ある」と回答した率

男性 48.4%

女性 22.3%

平均:35.3%

回転寿司“人気ネタ”ランキング2020発表! 不動のトップの隠れた歴史とは

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

【映像】「回転寿司デート」を経験した割合、男性は45.8%
【映像】「回転寿司デート」を経験した割合、男性は45.8%