永瀬王座・居飛車 VS 久保九段・四間飛車 第4局も予想通りの対抗形に/将棋・王座戦五番勝負
番組をみる »

 将棋の王座戦五番勝負第4局が10月6日に行われ、永瀬拓矢王座(28)と久保利明九段(45)が対局中だ。戦型は久保九段が四間飛車を採用したのに対して、永瀬王座は居飛車で対応。それぞれの棋風どおりの選択で、4局連続で対抗形から始まった。

【中継】永瀬王座、勝てば初防衛 王座戦第4局

 今シリーズは第1局から永瀬王座、久保九段、永瀬王座と先手番が勝利し、永瀬王座が2勝1敗でタイトル防衛に王手をかけている。直近では、各タイトル戦で挑戦者の奪取成功が相次いでおり2019年度、2020年度に行われた14回のタイトル戦で、防衛成功はわずかに3回のみ。その全てが渡辺明名人(棋王、王将、36)という偏りぶりだ。本局で永瀬王座が勝利すれば、自身としては初の防衛で、タイトル通算3期も達成することから九段昇段も決まる。

 両者の対戦は過去に8回あり、永瀬王座が6勝2敗とリード。本局の持ち時間は各5時間。振り駒の結果、先手は久保九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

永瀬拓矢王座 ビーフカレーライス 久保利明九段 ハンバークステーキ・オニオンソテー添え

【昼食休憩時の残り持ち時間】

永瀬拓矢王座 3時間34分(1時間26分) 久保利明九段 3時間18分(1時間42分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第68期 王座戦 五番勝負 第四局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段
第68期 王座戦 五番勝負 第四局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段