息詰まる決定局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段 タイトル獲得へ白熱の夜戦/将棋・王座戦五番勝負
番組をみる »

 将棋の王座戦五番勝負第5局が10月14日に行われ、永瀬拓矢王座(28)と久保利明九段(45)が現在対局中だ。永瀬王座が勝利すればタイトル初防衛で九段昇段、久保九段が勝利すれば初の王座獲得となる。序盤から角交換、さらには飛車角交換と、大駒の取り合いが続く派手な出だしとなったが、その後は両者自に手を入れバランスを取ると、対局は夜戦に突入した。熱戦続く今シリーズを制するのはどちらか。

【中継】勝てばタイトル 永瀬王座 対 久保九段 王座戦第5局

 元振り飛車党、現在は居飛車で指し続ける永瀬王座は、千日手・持将棋も厭わず、負けない将棋を指しながら勝利を手にする実力者。守備に回った場合は、相手の攻め手が見つからないような堅守で、戦意を喪失させるような手も見せる。

 生粋の振り飛車党である久保九段は、“捌きのアーティスト”という異名を持つが、同時に粘りにも定評があり、後がなくなっていた王座戦第4局も劣勢から巻き返し、逆転勝利をもぎ取った。

 本局は久保九段が中飛車に振り、居飛車の永瀬王座と対抗形で始まったが、角を交換した後、今度は久保九段の飛車と、永瀬王座の角を交換。目まぐるしい大駒の取り合いから久保九段が攻める展開が続いているが、永瀬王座が的確に受けたことで優勢に立っていると見られている。

 本局の持ち時間は各5時間。先手は久保九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【夕食の注文】

永瀬拓矢王座 特製カレーライス 久保利明九段 天ぷらそば麦御膳(冷たいそば)

【夕食休憩時の残り持ち時間】

永瀬拓矢王座 1時間23分(消費3時間37分) 久保利明九段 58分(消費4時間2分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

王座戦 五番勝負 第五局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段
王座戦 五番勝負 第五局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段