「女子の倒れ方じゃない…」女子軽量級で異例の“ワンパンKO”決着 ケージ際まで吹っ飛ぶ衝撃にネット騒然
番組をみる »

 強烈な右ストレートを一閃、アゴを打ち抜かれた相手選手がケージ際まで吹き飛ばされる衝撃のワンパンKOが起こると、女子軽量級では異例となる“ド派手”なダウンシーンに実況席から「これは破壊的」と驚きの声が。さらにネットからも「女子の倒れ方じゃない…」「正真正銘のワンパンだった」「吹っ飛ばした」など追随するコメントが多数寄せられた。

【映像】衝撃の“ワンパンKO”決着

 11月6日に放送されたONE Championship「INSIDE THE MATRIX II」でメン・ボー(中国)がプリシラ・ヘルタティ・ルンバン・ガオール(インドネシア)を右ストレート一発でKO。女子軽量級では異例となる衝撃のワンパン決着を披露した。

 かつてメン・ボーは、現UFC女子ストロー級王者・ジャン・ウェイリーにデビュー戦で勝利。昨年ONEに参戦しラウラ・バリン(ブラジル)にKO勝ちを収めた期待の選手。インドネシアの散打王者で、女子アトム級の常連ガオールとの対戦は、その実力を見極める試金石となる試合だ。

 1ラウンド、じわじわとプレッシャーをかけ距離を縮めるメン・ボー。ガオールはサイドキックを狙うがことごとく手で払われカットされる。さらに強いプレッシャーをかけながら左右のパンチを振るうメン・ボーに対し、ガオールはケージに沿うように後退するほか術がない。

「女子の倒れ方じゃない…」女子軽量級で異例の“ワンパンKO”決着 ケージ際まで吹っ飛ぶ衝撃にネット騒然

 そんな展開の中、衝撃の決着は早々に訪れた。メン・ボーが軽く触れるような右ローを見せると、時計回りに移動するガオール。再び触れるように左手を軽く見せた次の瞬間、メン・ボーが強烈な右ストレートを一閃。まともにアゴを打ち抜かれたガオールは、あまりの衝撃からケージ際まで吹き飛んだ。男子顔負けのダウンを喫したガオールにメン・ボーがとどめのパウンドを1発、2発振り下ろすと、レフェリーが割って入り試合を止めた。

 女子軽量級では珍しい電光石火のワンパンKO決着にABEMAで実況を務めた西達彦アナウンサーが「これは破壊的です」と驚いた様子で口を開くと、視聴者からも「一発だ」「吹き飛ばした」「ドカ!終わり」「正真正銘のワンパンだった」などと追随するような反応が。解説を務めた大沢ケンジが「女子でパンチで倒せる人は少ない」と話せば、ゲスト解説の岡見勇信も「力強いですね右ストレート。打ち方といい体つきといい、追撃もかなり効きましたね」と、その破壊力に驚いた様子だった。

 2戦連続KO勝利で、一躍、女子アトム級の注目選手となったメン・ボーだが、同階級には対戦が一度流れた山口芽生(V.V Mei)や平田樹などの日本勢に加え、タイのスター選手であるスタンプ・フェアテックスなどがおり、同階級は“群雄割拠”状態。来年には女子トーナメントの開催が予定されるなか、メン・ボーの快進撃がどこまで続くか注目だ。

(C)ONE Championship
【映像】衝撃の“ワンパンKO”決着
【映像】衝撃の“ワンパンKO”決着
「自分が倒れたことわかってない…」壮絶ダウン→タオル投入、“放心”の王座陥落にネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
「自分が倒れたことわかってない…」壮絶ダウン→タオル投入、“放心”の王座陥落にネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES
国民的英雄が“絞め落とされる”衝撃敗戦にファン騒然…青木真也「悪夢だ」 【ABEMA 格闘TIMES】
国民的英雄が“絞め落とされる”衝撃敗戦にファン騒然…青木真也「悪夢だ」 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES