桜庭和志、“名もない”足関節にファン騒然 武藤敬司も驚愕「オレこんなワザ見たこと無いよ」
番組をみる »

 蹴りとヒザの連打を受け息も絶え絶えのなか、”IQレスラー”・桜庭和志が真骨頂を披露。丸藤正道をギブアップに追い込んだ“名もない”足関節ワザに、武藤敬司も「オレこんなワザ見たこと無いよ」と驚きの反応を見せれば、ファンからも「どうなってるの?」「クロス式膝固めと言うべきかな」などの声が相次ぎ、ネットは一時騒然となった。

【映像】話題になった“名もない”足関節

 11月22日に横浜武道館で開催されたプロレスリング・ノア「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.4」で行われたGHCタッグ選手権試合。杉浦貴・桜庭和志の王者チームと挑戦者・丸藤正道、船木誠勝チームの対戦は、桜庭が関節技地獄で丸藤からギブアップを奪い防衛に成功した。

 この日、丸藤・船木組はM'sアライアンスの盟友、武藤敬司とSKE48松井珠理奈らとともにリングイン。対する杉浦・桜庭組は杉浦軍の最高顧問に就任した蝶野正洋を従え登場するなど、ともに豪華な入場シーンで幕を開けた。

 レジェンドたちが交錯するタッグ戦は、桜庭と船木の元UWF勢によるレスリング勝負で幕開け。船木が掌底一撃で桜庭を沈めると、杉浦に対しては蹴りスリーパーで追い込んでいく。タッチ後には丸藤が杉浦にエプロンサイドでのパイルドライバーを仕掛けるなど、船木・丸藤組は徹底して杉浦をターゲットに試合の主導権を握った。

桜庭和志、“名もない”足関節にファン騒然 武藤敬司も驚愕「オレこんなワザ見たこと無いよ」

 それまで温存していた桜庭は上着を脱がされると、顔を歪めながら丸藤とのチョップ合戦に挑んだ。しかし、トラースキック、虎王、背後からのコブラクラッチ式虎王などを次々と被弾。ABEMAの視聴者からは「もうダメだ…」「もはや鞭打ち」などと悲鳴にも似たコメントが寄せられる。ダメ押しの真虎王を喰らい万事休すかと思われたが、ここは杉浦のカットに救われる。

 しかし、丸藤の虎王を桜庭がキャッチし、テイクダウンに成功すると状況は一変。デラヒーバフットロックから片足で又裂きのあわせワザに持ち込んだ桜庭に対して、ゲスト解説を務めた武藤も「オレこんなワザ見たこと無いよ」と驚いた様子だ。さらに足を入れ替えてヒールホールド、変形して足を十字に極めたところで、丸藤が悶絶。頭を一度抱えるとこらえきれずにタップアウトとなった。

 流れるような桜庭の足関ショーに視聴者からは「なんだこれw」「どうなってるの?」「この技はなんだ?」「地味にやばいやつ」と驚きの声が。さらに「UWF風味だな」「両足ともアキレス腱固めが極まっていた」「クロス式膝固めと言うべきかな」など、“名もない足関節”が議論を呼んでいた。

【映像】話題になった“名もない”足関節
【映像】話題になった“名もない”足関節
身長174センチの美女MMAファイター、“無慈悲”なパウンドに散る 残り30秒で無念のレフェリーストップ 【ABEMA 格闘TIMES】
身長174センチの美女MMAファイター、“無慈悲”なパウンドに散る 残り30秒で無念のレフェリーストップ 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES
「日々、昨日の自分に負けない努力を」武藤敬司、58歳でのノア王座獲りに意欲 ベテランの生きざまを見よ! 【ABEMA 格闘TIMES】
「日々、昨日の自分に負けない努力を」武藤敬司、58歳でのノア王座獲りに意欲 ベテランの生きざまを見よ! 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES