『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(特別編)にAKB48横山由依が“生徒役”として出演。上京した過去を振り返った。

AKB48・横山由依、上京時は寮暮らし「3回目くらいに自分で引っ越した」
番組をみる »

 今回は住まい探しで散々しくじってきたという平成ノブシコブシ吉村崇が先生として登場し、「はじめての住まい探し」でしくじらないための特別授業を実施。生徒役には横山のほか、ハライチ・澤部佑、エイトブリッジ・別府ともひこが出演した。

 番組では、全国の18歳~29歳男女を対象にSUUMOが実施した「初めての住まい探し・しくじり大調査」(※)の結果を発表。1位には「何から始めていいかわからなかった」(70%)、2位に「土地勘がなく、どのあたりに住めば良いかわからなかった」(52.2%)、3位に「初期費用や管理費について知識がなく、想定していた予算を超えてしまった」(46.3%)が上がった。

AKB48・横山由依、上京時は寮暮らし「3回目くらいに自分で引っ越した」

 上京組だった横山は「最初はAKB48の寮で自分で探していない。2回くらいは寮にて、3回目くらいに自分で引っ越した」と告白。「どこで探したら良いか分からないですし、家賃もどれくらいのものなのかわからなかった」と語った。

 「(物件の)探し始めが遅い」という話題になると、横山は「(契約期間が)2年とか決まってる。2年のタイミングで引っ越そうと思っても、直前すぎて結局延長して4年住んだことがあった」と“引っ越しあるある”を明かすが、吉村は「というのもあるんですけどねぇ~」と横山の回答がなかなかお気に召さない様子。「もう1個、後で考えてみよっか」と厳しい指摘をした後、「期限までに良い物件を見つけるのが大事。早め早めに行動しないと後から焦ることになる」と物件探しは“早めのリサーチ”が重要だと説明した。

 さらに、一人暮らしの間取りの実感がなく、実家と比較して条件に「3LDK」と挙げてしまった横山。東京で希望していた家賃だともちろん3LDKの物件はなく、「本当に何もわからないっていうことがある」と当時を振り返っていた。

(『しくじり先生 俺みたいになるな!!』特別編より)

「しくじり先生」特別編 - 【WEB限定】「はじめての住まい探し」でしくじらないための授業!
「しくじり先生」特別編 - 【WEB限定】「はじめての住まい探し」でしくじらないための授業!

(※)「初めての住まい探し・しくじり大調査」

調査実施機関:株式会社インテージ(調査主体リクルート住まいカンパニー)

調査実施期間:2020年10⽉2⽇~9⽇

調査対象:WEBサイト・アプリで初めて住まい探しをした、全国20~29歳の男⼥583⼈を対象に『SUUMO』利⽤経験を調査