“タイヤが取れなくなったワニ”に地元民も心配 懸賞金かけ“外せる勇者”を募集 インドネシア
番組をみる »

 インドネシアの川岸で、カメラやスマホを片手にたくさんの人が集まっている。その視線の先にいるのは、大きく口を開けたワニ。しかし、首にはぴったりとはまった黒い輪っかが。

【映像】タイヤがはまったワニの様子(3:39~)

 バイクのタイヤが首に食い込み、自力ではとても取れそうにない。苦しい状況に陥ったワニに地元の人々も同情。餌となる鶏を食べさせてあげようとする人まで現れる。

 AFP通信によると、このタイヤを付けたワニが最初に目撃されたのは2016年。およそ4年間もこの姿だというのだ。

 衰弱を懸念した当局は、今年2月に懸賞金をかけてタイヤを外せる勇者を募集。数カ月前にはオーストラリアからワニの専門家が名乗りを上げるも、失敗に終わっている。

ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

信号無視の配達員&NY地下鉄で突き落とし
信号無視の配達員&NY地下鉄で突き落とし
“車襲来&謎現象”カメラ捉えた衝撃の瞬間
“車襲来&謎現象”カメラ捉えた衝撃の瞬間