頭突き、反則級のヒザも…身長2mの怪物王者、“やりたい放題”にネット騒然
番組をみる »

「デカい、速い、強い」

 身長2mで3拍子揃った王者が、一方的に殴る蹴る。頭突きに加えて反則級のヒザまで飛び出すなど、まさに“やりたい放題”の展開に実況アナウンサーも「見てられませんね…」とポツリ。「化け物だ」「ヤリたい放題」などネットも一時、騒然となった。

【映像】怪物王者が“やりたい放題”

 12月18日に開催されたONE Championshipのシンガポール大会「ONE: COLLISION COURSE」のメインイベントで、ライトヘビー級のキックボクシング王者であるローマン・クリークリャ(ウクライナ) と“ミスターKO”ことアンドレイ・ストイカ (ルーマニア)によるタイトル戦が行われ、判定3-0でクリークリャが初防衛に成功。判定とはいえ、5ラウンドを通して一方的すぎる展開に「化け物だ」「ヤリたい放題」「見てるこっちが痛い」など視聴者から驚きと同情の声が上がった。

 中国のクンルン・ファイトのヘビー級王者を経て、昨年ONE初代ライトヘビー級キックボクシング王者となったクリークリャ。2mの長身と技術、スピードを兼ね揃え“新たな世界最強”との呼び声も高い。対するストイカは欧州のウーシュー王者からキックへ転向し、地元ルーマニアではテレビスターとしても知られる人気選手だ。

 身長2m vs 1m88センチ。どちらも大柄だが、体格差は明らかだった。試合開始からクリークリャが遠距離からのローとパンチがさく裂。重量級とは思えない軽快なフットワークで出入りを繰り返し打撃は正確、さらに動きが速い。

 上から振り下ろすようなジャブの連打、ミドルなどガードの合間を縫うような容赦ない攻撃がストイカを襲う。一方のストイカはクリークリャに触ることすらできない。「デカくて速いのはズルい」という声も聞こえたが、紛れもなく同じ階級での戦いである。さらに衝撃的だったのはクリークリャの強烈なヒザだ。軽く振り上げただけで、ストイカの顔面に到達するなど、危険な雰囲気を漂わせた。

頭突き、反則級のヒザも…身長2mの怪物王者、“やりたい放題”にネット騒然

 2ラウンド、クリークリャが中距離でコツコツと精度の高いジャブを顔面に、遠距離からローも繰り出すコンビネーションを見せるとABEMAでゲスト解説を務めた佐藤将光も「脚が長い分、遠心力が働いて効くんです」とダメージの大きさを代弁。

 殴られ蹴られ、余りにフルボッコな展開に、実況の清野茂樹アナウンサーも思わず「ちょっと見てられませんね…」と言葉を漏らす。「心折れるわ」「ローが効きすぎ」「ジャブが辛すぎる」視聴者から寄せられる悲痛なコメントに対して佐藤も「ここまでテクニカルな大きい選手がいると、どうしたものか…ですよね」と諦めムードを漂わせた。

 3ラウンド、4ラウンドも防戦一方だったストイカを最終5ラウンドに悲劇が襲う。掴みからの首相撲で“頭突き”の反則攻撃、さらにヒザ、右と悪夢の連続攻撃を受けて試合は一時中断。リングに這いつくばるストイカは試合再開後もケージをつたうように殴られ続け、判定3-0で敗北。そんなストイカに対して「かわいそう」「見てるこっちが痛い」「こんなの公開スパーやん…」と同情の声すら聞かれていた。

(C)ONE Championship

【映像】怪物王者が“やりたい放題”
【映像】怪物王者が“やりたい放題”
体重差“50キロ”の無差別マッチで衝撃KO! 「ジャブで倒した」ネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
体重差“50キロ”の無差別マッチで衝撃KO! 「ジャブで倒した」ネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES
クロちゃん、美女レスラーのヒザをなめる! 寒空に響いた悲鳴に「ガチで気色悪い」ネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
クロちゃん、美女レスラーのヒザをなめる! 寒空に響いた悲鳴に「ガチで気色悪い」ネット騒然 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES