娘・えみりも玄関先で涙…辺見マリ、拝み屋の“洗脳地獄”で指示された仕事「お金を捨てなさい」
番組をみる »

 過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。

【映像】辺見マリ、マネージャーの言いなりで露出が激しい写真集を撮影

 今回、ABEMAでは珠玉の授業を振り返る『しくじりクラシック』を配信。歌手でタレントの辺見マリがしくじり先生として登壇し、2015年に“神回”と大反響を呼んだ授業を改めてお届けした(※番組は2015年9月に放送したもの)。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントのあき竹城、梅沢富美男足立梨花榊原郁恵、アイドルの滝口ひかりらが出演。

 拝み屋Aに「お金を捨てて浄化しなさい」と指示され、借金を負いながら3億円以上も強制的にギャンブルにつぎ込まされた辺見。家族を養う貯金も失ったが、Aの仕打ちはこれにとどまらない。

娘・えみりも玄関先で涙…辺見マリ、拝み屋の“洗脳地獄”で指示された仕事「お金を捨てなさい」
娘・えみりも玄関先で涙…辺見マリ、拝み屋の“洗脳地獄”で指示された仕事「お金を捨てなさい」

 Aは辺見を太らせるため、修業中は大量の食事を出していた。炭水化物同士の組み合わせが多く、ごはんのおかずとして大盛りのナポリタンが出てきたこともあったという。当然、辺見は激太りし、体重は20kgも増えた。

 出演者らは「なんで太らせようとした?」と困惑。足立が「病気にさせたかった?」と推測するとスタジオから「怖いこと言わないでよ~!」と声が上がった。

 辺見がお金を工面できなくなると、Aは新たな手に出る。Kによって1度は引退させられた芸能の仕事に「復帰しなさい」と言うのだ。辺見はこの数ヵ月前にダイエットをさせられ、増えた分の体重20kgを落としていた。

娘・えみりも玄関先で涙…辺見マリ、拝み屋の“洗脳地獄”で指示された仕事「お金を捨てなさい」

 マネージャーはAの兄がなり、Aが仕事の内容を選んだという。まずは、辺見の自叙伝を出版したが、内容はAの指示どおりに書いた嘘だった。印税はAに渡り、すぐになくなってしまう。

 すると今度はマネージャーが辺見に写真集の仕事を持ってきた。肌の露出が激しい、いわゆるヌード写真集の仕事だったが、家族に相談したところ、当時16歳だった娘・えみりは「ママが決めたことだから」と最初は賛成。しかし、撮影当日、玄関を出ようとすると、えみりが辺見の元へ来て「行かないで」と涙。辺見はえみりにもう一度説明し、撮影へ出かけた。

 当時は話題になった辺見の写真集。しかし、契約金はすべてAのギャンブル代として消えていったのだった。

(「しくじり先生 俺みたいになるな!!」より)

【後編】辺見マリ、洗脳で5億円損失!?人生を棒に振らないための熱血講義
【後編】辺見マリ、洗脳で5億円損失!?人生を棒に振らないための熱血講義
【映像】辺見マリ、2度目の芸能界引退は“拝み屋”の洗脳だった! 人生を台無しにしないための熱血講 ※初回14日間無料(いつでも解約OK)
【映像】辺見マリ、2度目の芸能界引退は“拝み屋”の洗脳だった! 人生を台無しにしないための熱血講 ※初回14日間無料(いつでも解約OK)