3.14武藤敬司戦は“脱・三沢光晴”の第一歩 清宮海斗「お客さんをプラスに裏切っていければ」
番組をみる »

 3月14日の福岡国際センターにおける新GHCヘビー級王者・武藤敬司への挑戦を前に2回の前哨戦はいずれも敗戦。自身がフォールを奪われたわけではないが、ノーコメントを通してきた清宮海斗は何を考えているのか? 決戦前にじっくりと心境を聞いてみた。

(聞き手/小佐野景浩)

【視聴予約】14日(日)14時30分~/NOAH「GREAT VOYAGE 2021 in FUKUOKA」

 プロレスに興味を持ったきっかけが小学校2~3年生の時に偶然借りた三沢光晴vs高山善廣(01年4月15日、有明コロシアム=初代GHCヘビー級王者決定戦)だった清宮にとって、武藤の記憶は闘魂三銃士ではなく、すでにスキンヘッドになったナチュラル・ボーンマスターだ。「東京ドームで三沢さんの相手として試合されることもあったので、単純に“スゲー人なんだな!”っていうイメージでした」と言う。

その武藤との初遭遇はGHCヘビー級王者時代の19年9月15日のエディオンアリーナ大阪。清宮のラブコールによって実現した清宮&武藤&秋山準vs丸藤正道&望月成晃&谷口周平だった。試合は清宮が谷口をタイガー・スープレックスで押さえたが、そこで実感したものは何だったのか?

あの時はベルトを持っていたので、ベルトの戦い以外で、他の刺激として、チャンピオンを経験している人たちと肌を合わせて、僕もチャンピオンとしてスキルアップしたいという思いから、出てきた選手が武藤さんでしたね。秋山さんもそうです。戦うよりも組んだ方が感覚的なことが得られると思いました。実際に試合をしてみて(存在感では)惨敗っていう感じでしたね。自分がベルト持っていても、目立ったのが武藤さんと秋山さんっていうので、凄く糧になりました。視野が広くて、自分が見ているところよりもはるかに大きいところから見ているなっていうのがありましたね」

 それから約1年後、GHC王座から陥落して無冠になった清宮は、今度は組むのではなく、戦いたくなった。底知れぬ武藤の領域に踏み込むことを決意したのである。

「次にチャンピオンになった時っていうのをずっとイメージしていたので、いい機会だと。僕は結構、基本的なことから試合の流れを作っていきたいんですけど、武藤さんと試合をしていると、理屈に適う動きをするので、凄く勉強になりました。僕もグラウンドが好きなんですけど、武藤さんは返し方とかも凄くうまくて。僕は格闘技経験がないからこそ、リング上での腕の取り合いとか基本的なところにのめり込んでいて、そこがすっごい楽しくて、ずっとやってきました。派手さは入場とかで出して、リング上の戦いは、そういう部分で詰めていきたいですよね。序盤を緊張感持ってできると、凄く楽しいですね。頭を使いますし。“こう来たら、こうしてやろう”とか。そういう知恵の輪みたいなのが凄く面白いですね」

3.14武藤敬司戦は“脱・三沢光晴”の第一歩 清宮海斗「お客さんをプラスに裏切っていければ」

 武藤は「序盤のグラウンドの5分が楽しい」と言うが、それは世代が違う清宮も一緒だった。だからこそ、この2人のグラウンドの攻防は常に見応えがあるのだ。だが、今回は楽しんでばかりはいられない。ベルトが賭かった大一番である。

「ここはもう、自分が武藤さんと去年の夏にやってからここまでの間にスキルアップしてきたものを信じるしかないと思っているので、今までやってきたものに自信を持って、そこを強みにして。変に奇をてらっても仕方ないので、自分の強みを押し出していって、そこで上回るしかないなと思っています。ここで気持ちがブレたら駄目ですね。迷いは隙になってしまいますからね。気持ちはブレないものがあるので、あとは自分の技術を信じてやるしかないと思います」

 GHCヘビー級王座返り咲きと同時に、今、清宮が目指しているのは“三沢光晴の後継者”というイメージを持たれているが、清宮海斗としてのカラーを出していくことだ。潮崎に敗れた後、清宮は三沢カラーの緑のコスチュームを身に付けなくなった。

「僕はコスチュームで緑を着けてないんですよ。それでも多分、緑を着けていると思っている人もいると思うんですよ。カラーに対して気持ちを持ってくださっているお客さんたちをどうやってプラスに裏切っていけるかですね」と言う。今回の武藤戦は清宮にとって“三沢からの独立”の第一歩でもあるのだ。

 こうしてインタビューをしているうちにポロッと今回の試合のカギになりそうな言葉が出てきた。それは2・12日本武道館で丸藤相手に咄嗟に出したヘッドバットについてだ。

「僕はサッカーをやっていたんですよ。それでサッカーの動きをどこかで使えないかなと思っていたら、偶然、道場の工事があって、工事に来ていたおにいちゃんが僕のサッカーのコーチだったりとかしたんです。それで何かサッカーの記憶が一気に戻ってきて、いろいろリフティングとかをやっていく中で“僕はディフェンスだったし、コーナーで中に入ってヘッディングしてたな”とかいろいろ思い出しながら“みんな正面から頭突きするけど、サッカーはここ(額のやや斜め)で当てろって習ったな”とか、いろいろ出てきた中で、多分、あれ(丸藤へのヘッドバット)が出たんです」

 今回の武藤戦でもサッカーを取り入れた新たな技が見られるかもしれない。いざ決戦…勝敗はもちろんだが、プロレスは内容も勝負。見てもらいたいポイントを語ってもらった。

「いろんなプロレスがある中で、これがノアの闘い、清宮海斗の闘い…“武藤敬司と清宮海斗が戦ったら、こんな試合になるんだ。プロレスって、ホントに面白いな”っていうところを見せたいですね。プロレスに本来ある面白さを博多のお客さんに堪能してもらいたいなと思います」

【視聴予約】14日(日)14時30分~/NOAH「GREAT VOYAGE 2021 in FUKUOKA」
【視聴予約】14日(日)14時30分~/NOAH「GREAT VOYAGE 2021 in FUKUOKA」
前哨戦で際立った武藤敬司の老獪さ 「3・14福岡」マットを叩いて悔しがった清宮はどう挑む? 【ABEMA 格闘TIMES】
前哨戦で際立った武藤敬司の老獪さ 「3・14福岡」マットを叩いて悔しがった清宮はどう挑む? 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES
“額が割れる”ほどのヘッドバットをぶち込んで… 北宮が示した「マサ」を継承した者の矜持 【ABEMA 格闘TIMES】
“額が割れる”ほどのヘッドバットをぶち込んで… 北宮が示した「マサ」を継承した者の矜持 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES