将棋好きアイドルSKE48・鎌田菜月がドラフトを予想 藤井聡太王位・棋聖には「レジェンドを引き連れてほしい!」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 あの熱い戦いに、将棋好きアイドルもまた胸を踊らせる。昨年、プロ将棋界初の団体戦として話題を呼んだ「第3回AbemaTVトーナメント」。今年は「第4回ABEMAトーナメント」となり、参加チーム数は12から15に増えた。この団体戦、最大の注目ポイントと言っていいのが、棋士が棋士を選ぶドラフト会議。棋風、年齢、同門、同郷…。どんな組み合わせになるのか、ファンにとってはなんとも予想しがいのあるコンテンツだ。「将棋名鑑」の表紙も飾ったことがあるSKE48・鎌田菜月も、この大会のファン。前回大会で楽しんだポイントを振り返りつつ、ドラフト予想にも挑戦した。

【動画】ドラフトについて語る藤井聡太王位・棋聖

 持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算という超早指しのフィッシャールールに、3人1組の団体戦。過去の将棋にはない斬新さだらけの大会だった。戦前は「早指しは若手有利」という“定跡”通りと思われていたが、開けてみれば森内俊之九段、久保利明九段、木村一基九段といった50歳前後のベテラン棋士が大活躍した。

 鎌田菜月(以下、鎌田) 正直、去年チーム予想をした時は、若手の先生が早指しだからもっとぐいぐい行くかと思っていたんです。でも始まったら、そんなこともなくて。森内先生が鬼のように強いとか、木村先生もこんなに早指しいけるんだとか。藤井聡太先生(王位・棋聖)が連勝した時は「来たよー!」という感じでしたが、それに勝った広瀬章人先生(八段)もすごかったですよね。

 超早指しという特殊な環境では、歴戦の強者でも思わず手が泳ぐ。わずか残り数秒という局面も頻発し、詰みを逃してしまうシーンはいくつもあった。ただ、その様子が人間対人間のおもしろさを、再認識させることにもなった。

 鎌田 団体戦という意味では、誰を先鋒に持ってくるかとか、思った以上に考えていらっしゃったみたいですね。レジェンドチームの方が後日YouTubeを上げられていて「私が行きますって言ったら、相手がまさかの藤井で…」とか(笑)。レジェンドの先生でも、そういうこと思うんだなぁと。もっと個人の集合体なのかと思ったら、しっかりチーム戦として楽しまれている印象がありました。

 棋士たちの隠れたキャラクターが見えたのが、対局を見守る「作戦会議室」だ。一喜一憂する人もいれば、勝っても負けても冷静な人もいた。また、エンターテイナーが多いことを、この大会で知ったファンも多いだろう。

 鎌田 よく対局の時に、先生たちだけを見ていると、どっちが勝っているかわからないって言うじゃないですか。それって会議室で見ていても同じなんですよね。めちゃくちゃのんきに負けている仲間を見ていたり、かと思えば勝っているチームの人がすごい顔して見ていたり。あと、アイドルみたいにうちわを持っているのとか衝撃でしたね。コンサートかと思いましたよ(笑)。

 対局時よりさらに、人柄が丸見えになったのがチーム映像だ。大会前にチームワークを高めようと、練習対局したり、クイズをしたり。佐藤康光九段、森内九段、谷川浩司九段のレジェンドチームは、街ブラ風のロケまで行った。

 鎌田 めちゃめちゃサービスがすごかったですよね。びっくりしたのは羽生善治先生(九段)たちが「どうぶつしょうぎ」をしていたやつです。何を見ているんだろうと思いました(笑)ずっと羽生先生がうさぎをなでながら、どうぶつしょうぎをしているんですから。棋士の先生たちが、どうぶつしょうぎをしている自体がおもしろいですよね。ファンとしては将棋を指しているのを見る時間の方が長いんですが、いい意味でのギャップがありましたね。ああいうのを見て「この先生を応援しよう」ってなるんだろうなと思うと、楽しかったです。

将棋好きアイドルSKE48・鎌田菜月がドラフトを予想 藤井聡太王位・棋聖には「レジェンドを引き連れてほしい!」/将棋・ABEMAトーナメント

 第3回大会を存分に味わった鎌田。さて、いよいよ肝心の予想に入った。まず披露したのは、本人曰く「堅く当てよう」というもの。広瀬八段のチームで考えることにした。

 鎌田 昨年、広瀬先生は思った以上に麻雀縛りで来たので、今年こそもっと麻雀縛りで行くかなと。今回は鈴木大介先生(九段)と阿久津主税先生(八段)という、ガチガチの麻雀固めにすると考えました。

 続いて考えたのは藤井王位・棋聖のチーム。今回、初めてドラフト会議に参加するが、何せ棋士のほとんどが自分より年上。ドラフト前のインタビューでは「同年代の人を選ぶ」とコメントはしたものの、同時に「くじ運はよくないので、なるべくくじにならないように」とも語り、重複するような若手を避ける可能性もある。そこで鎌田は裏をかき、さらには願望も込めて、レジェンドの指名を予想した。

 鎌田 藤井先生が誰を選ぶのかは、気になるところ。藤井先生より年下の人なんていないですからね。いっそレジェンドチームみたいな人と一緒にやってほしい気もします。たとえば谷川先生とか。レジェンドを引き連れたら絶対おもしろいですよ。楽屋で何しゃべるんだろうって思いません?(笑)この大会だから見られる景色というか。でもこれはめちゃめちゃファン願望です。もしくはお師匠の杉本昌隆先生(八段)を連れて、ですかね。

 最終的には、森内九段、谷川九段というレジェンドチームの2人を、そのまま藤井王位・棋聖が指名するというビッグサプライズを願った。このほかにも、前回大会優勝の永瀬拓矢王座の動向に注目、さらには自分と同世代にあたる20代半ばの棋士の活躍にも期待した。固めに読んだ広瀬八段の「麻雀固め」と、藤井王位・棋聖の「天才withレジェンド」。果たして、この予想は当たるのか!?

◆第4回ABEMAトーナメント 前回までは「AbemaTVトーナメント」として開催。第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦になった。チームはドラフト会議により決定。リーダー棋士が2人ずつ順番に指名、重複した場合はくじ引きで決定する。第3回は12チームが参加し永瀬拓矢王座、藤井聡太王位・棋聖、増田康宏六段のチームが優勝、賞金1000万円を獲得した。第4回は全15チームが参加。14チームは前年同様にドラフトで決定。15チーム目はドラフトから漏れた棋士によるトーナメントを開催、上位3人がチームを結成する。対局のルールは持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チーム同士の対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負に変更された。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。

 [ドラフト会議3/27開催!]羽生善治九段インタビュー
[ドラフト会議3/27開催!]羽生善治九段インタビュー
 [ドラフト会議3/27開催!]藤井聡太王位・棋聖インタビュー
[ドラフト会議3/27開催!]藤井聡太王位・棋聖インタビュー
「第4回ABEMAトーナメント」1000万をかけたあの団体戦が帰ってくる!今回は15チームにパワーアップ!
「第4回ABEMAトーナメント」1000万をかけたあの団体戦が帰ってくる!今回は15チームにパワーアップ!