23日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、元巨人の川相昌弘が実際にあったという“塁上での会話”を告白した。

塁上で落合からバッティングのアドバイス!? 元巨人・川相が裏話を披露
番組をみる »

▶︎動画:塁上で落合からバッティングのアドバイス!? 元巨人・川相が裏話を披露

 この日は「シーズン開幕直前 今年のプロ野球を語り尽くそうSP」と題して、ゲストに元プロ野球選手の川相と岩本勉、さらに“カープ女子”のグラビアアイドル・菜乃花をゲストに招き、シーズンの順位予想を含めた野球トークで盛り上がった。

 視聴者から「交流戦が無かった当時、他球団の選手との交流はあったのか?」という質問が寄せられた。これに対し川相は、現役時代は後輩との会食などはなく、偶然食事をする店が一緒になったときを除きプライベートでの交流はほとんど無かったと回答。

 小沢一敬が「塁上での会話もなかった?」と問いかけると、川相は「いやいや」と否定して「僕なんか落合(博満)さん、には一塁の塁上でだいぶ話しかけられましたよ」と、当時中日ドラゴンズの選手だった落合と塁上で会話をしていたことを告白をした。

 偶然川相の学校の先輩が落合ともつながっていたことがきっかけで話しかけてくれたそうで「けっこうバッティングのアドバイスとか……」と明かすと、初めて聞く話題にスピードワゴンの2人は「塁上で!?」と興味深々に。

 「一塁塁上って意外と会話をする場所なんです」と語る川相は、落合以外にも大豊泰昭や山武司などの選手とも話をしたとして「しょうっちゅうボヤいてましたよ」と暴露。

 ドラゴンズは当時「巨人の選手としゃべってはいけない」というルールがあったそうで、川相は「だから一塁に行くと口を開けないようにミットとかで隠しながら、ポソポソポソポソ『ピッチャーダメだね』とか、けっこうボヤいてましたよ」と裏話を明かしていた。

スピードワゴンの月曜The NIGHT #228~川相&岩本!プロ野球開幕SP~
スピードワゴンの月曜The NIGHT #228~川相&岩本!プロ野球開幕SP~