敵も味方も「心臓に悪い…」独創性の塊・山崎隆之八段のドタバタ将棋に全員大騒ぎ/将棋・ABEMAトーナメント

 ドタバタ将棋に、敵も味方も大騒ぎだ。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Bリーグの第1試合、チーム糸谷とチーム菅井の対戦が5月1日に放送されたが、チーム糸谷の山崎隆之八段(40)が独創性豊かな戦いぶりで、周囲を大騒ぎさせた。

【動画】チーム糸谷 対 チーム菅井 全対局

 タイトル経験こそないものの、棋戦優勝8回を誇る山崎八段は早指しが得意として知られ、最近では順位戦A級に初昇級を果たし、波に乗っている。ただし、持ち時間5分・1手指すごとに5秒加算というフィッシャールールには悪戦苦闘してきた。

 個人、団体通じて3度目の出場となる今回こそ活躍を誓っていた山崎八段は、トップバッターとして登場。深浦康市九段(49)と先手番から得意の相掛かりで勝負。序盤、中盤、終盤とペースを握り、勝勢と見られる状況のまま最終盤を迎えた…はずだった。ところが、ここから大事に勝ちを目指しにいったせいか、形勢は徐々に苦しくなり、あわや逆転という状況に。これには作戦会議室で見守っていたチームリーダー糸谷哲郎八段(32)、服部慎一郎四段(21)も大騒ぎしながらモニターにかじりつくことになった。

敵も味方も「心臓に悪い…」独創性の塊・山崎隆之八段のドタバタ将棋に全員大騒ぎ/将棋・ABEMAトーナメント

 結果的にはなんとか勝利を収めたものの、独特な指し回しは最初から最後まで続き、まさに“山崎劇場”とでも言えそうな一局に。終局直後には糸谷八段は「いや、もうちょっと…心臓に悪くない勝ち方を…」とボヤくと、山崎八段本人も「いやー、ひどいな、しかし」と苦笑いしながら、身震いする様子も見せたほど。さらには、チームメイトのところに戻るとすぐに「いやいやいや、恥ずかしい。絶叫されていましたか?」と、勝利した棋士とは思えないほど恐縮しきりだった。これには視聴者たちも同感だった様子で「まじでこええw」「確かに心臓に悪い!」「バンジー並のドキドキ」「震えてるやんw」と、多くのコメントが寄せられていた。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

試合を振り返る両チーム
試合を振り返る両チーム
ABEMA
山崎隆之本人も震える
山崎隆之本人も震える
ABEMA
深浦康市九段の「地球代表うちわ」が登場!
深浦康市九段の「地球代表うちわ」が登場!
ABEMA