裸芸人の思わぬ人気スポット 大西ライオンが激白「寒い地域の方がウケる」
番組をみる »

 上半身裸の腰巻姿に、ライオンの被り物。そのインパクトある格好で「心配ないさー!」とハイトーンの美声で叫ぶ芸風の大西ライオンが6月26日、「ABEMA BOATRACE CAMPUS『勝負駆け!笑いのターンマーク』」に生出演して裸芸人事情を語った。

【動画】上半身裸の大西ライオン、寒い地域で人気?

 大西はこの日、ボートレース予想とお笑い力をかけてジョイマンと対決。解説を務めた平成ノブシコブシ徳井健太のアドバイスを聞く中、大西は、徳井が何度も「選手の所属支部」と「開催場の県」が「近い」という点を強調することに疑問を抱いた。この疑問に対して、徳井は芸人に例えて「営業と一緒」と説明。東京芸人は九州の営業に呼ばれることが少ない反面、東北の営業に呼ばれることは多いそうで、「近いところから、声をかけてもらえる」と続けた。

裸芸人の思わぬ人気スポット 大西ライオンが激白「寒い地域の方がウケる」

 つまり、開催場に近い選手は、そのボートレース場を走り慣れているということ。他の選手よりは若干、有利と予想できるわけで、これに大西が納得すると、そのまま「大西ライオンが一番、呼ばれる場所は?」との話題に発展した。「北海道が多いですね」。大西が答えると、周囲は「へー、意外」との反応。MCのますだおかだ・増田英彦らは「(裸は)寒いやん」と感じたものの、むしろ大西によると「寒い方がウケる」のだそうだ。

 これには一同、大笑いで、「とにかく明るい安村と行くの?」と同じ裸芸人の名があがると、大西は「そうそう」と即答し、なかやまきんに君の名も。増田が「そうか。北海道で裸は珍しいんや」と見解を述べると徳井も「確かに、そうかもしれないですね」と頷き、大西は「こんなに寒いのに裸!ってなる」と大ウケする理由を述べた。

 「じゃあ沖縄なんか行ったら全然、ウケないでしょ」。徳井が推察すると、やはり「あんまりウケない」とのこと。ただ、その時は「なんくるないさー!」と叫んだら喜んでもらえたそうで、「沖縄の人は優しい」と笑顔を見せる場面もあった。

(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

ちなみに沖縄では…
ちなみに沖縄では…
鎌田菜月、まさかのものまねに赤面
鎌田菜月、まさかのものまねに赤面
瀧山アナが大サービズ
瀧山アナが大サービズ