豊島将之竜王、封じ手は「△7六飛」藤井聡太王位の手番で再開 難解な中盤戦、形勢はほぼ互角/将棋・王位戦七番勝負

 将棋のお~いお茶杯七番勝負第1局が6月30日、愛知県名古屋市「名古屋能楽堂」で2日目を迎えた。挑戦者の豊島将之竜王(叡王、31)が封じた48手目「△7六飛」が明かされ、午前9時過ぎに藤井聡太王位(棋聖、18)の手番で再開した。形勢はほぼ互角。難解な中盤戦から抜け出すのはどちらか。

【中継】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第一局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 藤井王位は、開催中のヒューリック杯棋聖戦五番勝負で渡辺明名人(棋王、王将、37)に2連勝し、最年少での防衛と九段昇段に王手をかけているが、この王位戦では過去の対戦成績が1勝6敗と負け越している豊島竜王が相手。将棋界の序列1位、2位という最強の挑戦者2人と防衛戦を行う最も厳しいダブル防衛戦になっている。

 注目の第1局は相掛かりからスタート。両者、端からの攻めに対して受けずに、踏み込む手順を選択。形勢はほぼ互角ながら、さらに戦いが激化する2日目は一気に形勢が動く可能性がある。

 持ち時間は各8時間の2日制で、振り駒の結果、先手は藤井王位。第2局以降は先手・後手が交互に入れ替わり、最終第7局まで進んだ場合は、再度振り駒で決める。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

藤井聡太王位 3時間58分(消費4時間2分) 豊島将之竜王 4時間44分(消費3時間16分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

ついに噂のぴよりんを写真で紹介!
ついに噂のぴよりんを写真で紹介!
ABEMA
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第一局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第一局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
ABEMA
第62期 王位戦 七番勝負 第一局 2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
第62期 王位戦 七番勝負 第一局 2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
ABEMA