【米大リーグ】エンゼルス4-7マリナーズ(7月18日・日本時間19日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手がマリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。5点ビハインドで迎えた9回の第5打席で後半戦初アーチとなる34号2ランを放ち、最後までスタジアムに残ったファンや、早朝からテレビ観戦した視聴者を沸かせた。

【映像】大谷、34号の豪快弾!

 初回の第1打席で空振り三振を喫し、前日の試合を含めると5連続三振と“オールスター疲れ”が懸念された大谷。しかし第2打席、第3打席と四球で出塁すると、第4打席には俊足を活かした一塁への内野安打を放ち、試合を通して徐々に復調気配を漂わせていた。

 マリナーズを相手に2-7と5点のリードを許すも、2死三塁と一矢を報いるチャンスが回ってきた9回の第5打席。大谷はマリナーズの5番手・シーウォルドを相手にフルカウントに持ち込むと、7球目の低めへの変化球を巧みにすくい上げる。乾いた音を立て高々と舞った打球は右中間スタンドに飛び込む34号2ランとなり、敗戦が濃厚となってもスタジアムに残ったエンゼルスファンを熱狂させた。

 試合を中継したABEMAのファンからも「最後の最後で見せる男」「あれで入るのか…」「鳥肌ヤバい」「最後まで見てて良かった」と驚きと興奮の声が。中には低めのボール球をすくい上げた一発に「ゴルフ打ちで草」などの声も挙がった。反撃は及ばず試合には敗れたものの、本塁打王のタイトルを争うブルージェイズのゲレーロJr.が早くも後半戦3本目となる31号を放ったことが報じられる中、ふたたびライバルとの差を広げる貴重な一発となった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷、34号の豪快弾!
ABEMA
大谷翔平、34号2ラン! 後半戦初アーチは5試合ぶりの一発 31本で猛追のゲレーロJr.に3本差 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
SPOZONE
ABEMA TIMES