プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦・第1試合、チーム羽生とチーム糸谷の対戦が7月24日に生放送され、第6局で糸谷哲郎八段(32)が羽生善治九段(50)に124手で勝利した。この結果、チーム成績ではスコア5-1で勝利。本戦開幕戦に快勝し、2回戦進出を決めた。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム羽生VSチーム糸谷

 将棋界屈指の早指し巧者は、レジェンドの壁も力強く突き破った。第5局で中村太地七段(33)に勝利し、オーダー会議で自ら連投を志願。チームの勝利を決めにかかると、後手番から雁木、さらには右玉と自在に戦型を変化。「堅い形になったので、うまく指しこなせたかなと思います」と、イメージ通りの戦いに持ち込むと、形勢互角の中盤では分厚く守って自玉を安全にしてから、終盤では急加速しての寄せ。即詰みに討ち取り快勝を収めた。

 第1局から服部慎一郎四段(21)が羽生九段を下す大金星を挙げ、第2局で山崎隆之八段(40)も勝利。さらに服部四段が勝利し、3連勝と好スタートを切ったことが、リーダー糸谷八段にも勢いを与えることになった理想的な展開。次戦は予選Bリーグで戦ったチーム菅井との再戦に。同率ながらリーグ1位決定戦で敗れた借りは、ここで返す。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム羽生VSチーム糸谷
ABEMA