プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦第2試合、チーム稲葉とチーム斎藤の対戦が7月31日に生放送され、第2局で稲葉陽八段(32)が斎藤慎太郎八段(28)に135手で勝利、リーダー対決を制して第1局に続く2連勝を飾った。

【動画】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム稲葉VSチーム斎藤

 第1局で熱戦を制し、気を良くして連投した稲葉八段は、先手番から相掛かりを採用。持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算という超早指しのフィッシャールールの対局とは思えないほど重厚な一局となり、解説していた村中秀史七段(40)も「この将棋を(早指しで)指すのは、いくらお二人でも至難の業」と語っていた。それでも稲葉八段は「序盤でかなり苦労する形だったんですが、そんなに簡単でなかったので、そこで持ち堪えられてよかったです」と振り返るように、中盤から終盤にかけては決断のいい手の連続。村中七段も「速いですね。こんなにビシビシさせるものですか」と舌を巻いていた。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム稲葉VSチーム斎藤
ABEMA