館内に繰り返しどよめき…照強の張り手連打に宇良は鼻血も 壮絶な一番にファン「スゲー音してた」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇二日目◇13日◇東京・両国国技館

 前頭七枚目・照強(伊勢ヶ濱)と前頭六枚目・宇良(木瀬)の一番で、照強が張り手を連打する厳しい攻めを展開。館内からは8回ほどにわたってどよめきが沸き起こった。

【映像】館内がどよめいた壮絶な一番

 立ち合い「ゴツン」という鈍い音とともに頭からぶつかった両者。まず、その鈍い音が響きわたると館内が騒然。その後、低い体勢で攻めた照強は、左、右、右と続けざまに強烈な張り手を繰り出し、客席からはなんどもどよめきが上がった。最後は照強が土俵際ではたき込みを決め、今場所初白星となる1勝目を挙げた。照強の厳しい攻めを物語るように、敗れた宇良は鼻から流血。初日から2連敗を喫した。

 白熱した一番を受けて、ABEMAで解説を務めた元横綱・大乃国の芝田山親方は「照強の気迫を感じましたね。相手をただ叩きにいっているのではなくて、なんとかしてやろうと」と一言。仕切りの段階から勝負が始まっていたことを指摘し、「照強の方がドーンと前に出て行って、宇良は受け身の形になりましたよね」「とにかく照強は先に相手を撹乱してやろうというところからあの張り手」と解説した。

 照強の荒々しい張り手に、視聴者は「バシバシ叩く」「右フックやばい」「スゲー音してた」「ド迫力相撲」「ボクシングやん」と大盛り上がり。敗れた宇良の流血姿に「血だらけだ…」「くらったなー」「大丈夫?」と心配の声も相次いで寄せられていた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】館内がどよめいた壮絶な一番
【映像】館内がどよめいた壮絶な一番
宇良、宝富士に押し出され完敗 元若乃花「小兵が最もやられたくない相撲」と指摘 【ABEMA TIMES】
宇良、宝富士に押し出され完敗 元若乃花「小兵が最もやられたくない相撲」と指摘 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
元若乃花「あれは何という立ち合いなんですかね?」照強が見せた立ち合いの動きに驚き 【ABEMA TIMES】
元若乃花「あれは何という立ち合いなんですかね?」照強が見せた立ち合いの動きに驚き 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES