一山本、勢い余って客席で転倒 アクシデントに館内騒然 駆け寄る豊山に視聴者「優しい」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

【動画】倒れた一山本を気遣う豊山

 前頭十五枚目・一山本(二所ノ関)と前頭十四枚目・豊山(時津風)の一番でアクシデントが発生。敗れた一山本が勢い余って客席に倒れこみ、しばらく起き上がれない状態となった。視聴者からは「これは痛い」「大丈夫?」と心配の声が上がった。

 立ち合い諸手突きで攻めた一山本。だが突っ張る豊山に圧倒され、土俵際を回り込んだものの最後は押し出されて黒星を喫した。敗れた一山本は土俵下で足を引っ掛けたのか、勢いよく客席で仰向けに転倒。「バタン」と鈍い音が館内に響くと、客席からはどよめきが起こった。

 苦悶の表情を浮かべてしばらく動けなくなった一山本に、対戦相手の豊山は心配して駆け寄ると手を差し伸べた。その後、足を引き摺りながら土俵上に戻った一山本は一礼し、ゆっくりと花道を去っていった。一山本は3敗目。勝った豊山は2勝目を挙げた。

 一山本が倒れるアクシデントに、ABEMAで解説を務めた元前頭・玉飛鳥の熊ヶ谷親方は「足大丈夫ですかね、引っかかったような。心配ですね」と一言。続けて「ただ、豊山はいい相撲でした」と取組内容に言及し、「実力者ですし、前に出る圧力もありますから、ああいう相撲を取っていれば自然に星も上がってくるんじゃないですかね」と勝ち星を挙げた豊山を称えた。

 負傷した一山本の姿を受けて、視聴者からも「これは痛い」「めっちゃふっとんだ」「大丈夫?」と心配の声が続出。また、駆け寄った豊山に「優しい男」「いいやつやな」とコメントするファンも相次いでいた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】倒れた一山本を気遣う豊山

観客席に飛び込んだ一山本
観客席に飛び込んだ一山本