宇良の土俵すれすれ“低空ロケット”が見事命中 今場所初白星に館内のファンも喝采 解説親方「前に出る圧力がだいぶついてきた」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・宇良(木瀬)が前頭五枚目・千代翔馬(九重)を押し出しで下し、今場所初白星を挙げた。館内には大きな拍手が沸き起こり、視聴者からは「やったー!!」「おめでとうー!」と称賛の声が続出した。

【動画】宇良の低空ロケット

 反り技をはじめとしたテクニカルな動きを得意とし、小兵ながら角界屈指の“業師”としても知られている宇良。千代翔馬と対戦した四日目の取組みでは、立ち合い土俵すれすれの低い姿勢で当たると、諸手で抱え込むように攻める千代翔馬に対し、低い姿勢をキープしながら前進。最後は土俵際で頭から飛び込むように力強く押し出して勝ち星を決めた。勝った宇良は1勝目。敗れた千代翔馬は初日から4連敗を喫した。

 低い姿勢で白星を挙げた宇良の取組に、ABEMAで解説を務めた元前頭・玉飛鳥の熊ヶ谷親方も「宇良、立ち合い低かったですよね。千代翔馬が張ってくると思ったのかな」と一言。けがで序二段まで転落してから幕内に復活した宇良の活躍に「前に出る圧力がだいぶついてきていますから、まだ調子は万全じゃないと思いますけど、こういう一番で押し出しで勝てば気持ち的にも乗っていけるんじゃないかなと思います」とエールを送った。

 宇良の今場所初白星に、視聴者からも「やったー!!」「おめでとうー!」「よかったね」「この調子でいこう」「ここから巻き返しだ!」と喜びの声が相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】宇良の低空ロケット

宇良の低空ロケット
宇良の低空ロケット