藤井聡太三冠、快挙達成後の初戦 斎藤慎太郎八段と対局開始/将棋・棋王戦挑戦者決定T
番組をみる »

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が9月17日、棋王戦挑戦者決定トーナメントで、斎藤慎太郎八段(28)と午前10時から対局を開始した。藤井三冠は13日に叡王戦五番勝負第5局で、豊島将之竜王(31)を下し、叡王のタイトルを奪取、19歳1カ月という最年少三冠記録を樹立したばかり。三冠保持者としての初戦を飾り、四冠に向けてさらに前に進めるか。

【中継】棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

 今年度、タイトルを2つ防衛、1つ奪取で、渡辺明名人(棋王、王将、37)に並び、最多のタイトル保持者となった藤井三冠だが、10月には竜王戦七番勝負で豊島竜王と対戦。最短なら、このシリーズで最年少四冠となる。これに続くのが王将戦と、この棋王戦。どちらも渡辺名人が保持しており、ヒューリック杯棋聖戦でタイトルを争った2人が、ここでも対戦する可能性がある。

 棋王戦では、挑戦権を得たことがない藤井三冠だが、この3回戦でぶつかったのは前期の名人挑戦者でもある強敵・斎藤八段。藤井三冠同様に、得意の詰将棋に支えられた終盤力には定評があり、また長時間対局ではじっくりと考え抜いてから指すのが特徴。切れ味だけでなく、粘り強さも兼ね備えている。タイトル経験もある関西の先輩棋士に、藤井三冠がどんな将棋で挑むのか。両者の対戦成績は4勝2敗で藤井三冠がリード。初対局から2局は斎藤八段が勝利したが、その後は藤井三冠が4連勝している。

 持ち時間は各4時間で、振り駒の結果、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

【中継】棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

第47期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段
第47期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

【中継】順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段

第80期 順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段
第80期 順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段