藤井聡太三冠が“西の王子”斎藤慎太郎八段と対局 戦型は角換わりに 詰将棋巧者同士の一戦は終盤注目/将棋・棋王戦挑戦者決定T
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が9月17日、棋王戦挑戦者決定トーナメントで、斎藤慎太郎八段(28)と対局中だ。通算成績では藤井三冠が4勝2敗とリードするこのカードだが、7局目となる本局は角換わりからスタート。両者ともに詰将棋で培った終盤力には定評があり、激しい戦いが予想されている。

【中継】棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

 藤井三冠は13日に叡王戦五番勝負で豊島将之竜王(31)を下し、タイトル奪取に成功。史上最年少の19歳1カ月で三冠を達成した。この叡王のタイトルの挑戦権をかけて戦ったのが、この日の対戦相手である斎藤八段。昨期は名人挑戦者にもなり、今期も順位戦A級でただ一人3連勝を飾っている実力者だ。

 どちらも人気、実力を兼ね備えているが、共通点として挙げられるのが詰将棋。2人とも「解く」「作る」という両方をハイレベルでこなす棋士で、これが対局でも自玉、相手玉の安全度、危険度を見極める力としても働いている。

 藤井三冠は10月に竜王戦七番勝負で、豊島将之竜王(31)に挑戦が決まっており、これを奪取すれば最年少の四冠達成。さらに王将、棋王のタイトルも奪取に成功すれば、2021年度内に六冠までタイトルを増やすことが可能だ。

 持ち時間は各4時間で、振り駒の結果、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

藤井聡太三冠 珍豚美人 斎藤慎太郎八段 珍豚美人

【昼食休憩時の残り持ち時間】

藤井聡太三冠 3時間(消費1時間) 斎藤慎太郎八段 3時間33分(消費27分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

【中継】棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

第47期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段
第47期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 藤井聡太三冠 対 斎藤慎太郎八段

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

【中継】順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段

第80期 順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段
第80期 順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段