立ち合い、実況が「んっ?」 まるでレスリングのようなトリッキーな取り組みにファン「なんだこれ?」「面白いな」

<大相撲九月場所>◇中日◇19日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・宇良(木瀬)が前頭八枚目・翔猿(追手風)を押し倒しで下した一番。この日の“小兵力士対決”に館内からは盛大な拍手が送られ、解説を務めた、元横綱・若乃花の花田虎上氏は「相撲というより、レスリングに近いですね」と評した。

【動画】レスリングのような一番

 実況席の清野茂樹アナウンサーの第一声は「んっ?」だった。立ち合いから互いに当たらず、距離を取り、頭をつけ合うレスリングのような展開に。タイミングを見て宇良がいなして翔猿の体勢を崩し、決まり手は押し倒しとなった。宇良は勝って星を五分に戻した。

 トリッキーな一番に館内は興奮に包まれた。解説を務めた花田氏は「宇良の独特の相撲でしたね。こうなると、相撲というより、レスリングに近いですね。タイミングを取るのも、宇良は得意だと思います」とコメント。ファンも「なんだこれ?」「面白いな」と驚いた様子だった。

 また、決着後、土俵際で膝を気にするそぶりを見せていた宇良に対し、花田氏は「心配ですね」とコメントしていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】レスリングのような一番
【動画】レスリングのような一番
ABEMA
【動画】行司の激おこシーン
【動画】行司の激おこシーン
ABEMA
「お客様!お客様!」力士が客席に飛び込むハプニングに実況・親方が必死の呼びかけ | 相撲 | ABEMA TIMES
「お客様!お客様!」力士が客席に飛び込むハプニングに実況・親方が必死の呼びかけ | 相撲 | ABEMA TIMES
ABEMA TIMES