力士が「飛んだ!」ファン驚き “ニヤリ”霧馬山、唇を噛んだ豊昇龍 秀ノ山親方「(変化は)馬力が認められた証」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十日目◇21日◇東京・両国国技館

 九日目の取組で華麗な一本背負いを決めてファンを沸かせた前頭筆頭・豊昇龍(立浪)が、前頭二枚目・霧馬山(陸奥)の変化を受け、前方に飛ぶようにバタリと倒れて5敗目(2休)を喫した。その様子にファンから「飛んだ!」「綺麗に落ちた」といった驚きの声が寄せられた一方、勝負が決した直後の対照的な表情にも「ドヤ顔」「悔しそう」などと注目が集まった。

【映像】派手な“ダイブ”に館内騒然

 立ち合い鋭く前に出た豊昇龍だったが、一つ右を張ってから左に変化した霧馬山にかわされると、上手投げを食い土俵上に手をついた。一方、霧馬山は前日と同様の変化を決めて7勝目を挙げ、今場所勝ち越しまであと1勝と迫った。

 取組を受け、ABEMAで解説を務めた元大関・琴奨菊の秀ノ山親方は「(取組前に)決めていたような相撲ですね」と指摘。敗れた豊昇龍については「やはり相手に圧力が加わらなかったらああいう相撲になるんですよ。なのでしっかりと気持ちもセーブしながら相手にぶつけるようにしないと。これが難しいんですよね」と解説した。

 続けて秀ノ山親方は「私は立ち合いにすべてをかけていたので、変化をよく食らっていた。ただ、変化を食らうということは馬力を認めてもらっていたということ。悔しいけども『俺の方が気持ちで勝った』という切り替えができた。しかし晩年は、変化が無かったので馬力が落ちたなぁ」などと振り返った。さらに「それが引退を決めた理由の一つか」と問われると「そうです、そうです」と短く頷いた。

 取組後、見事な変化によって白星を手にした霧馬山が“してやったり”といった表情を浮かべながら何度か頷くと、一方の豊昇龍は悔しそうに唇をかんだ。対照的な両者の様子に視聴者からは「ドヤ顔」「悔しそう」などの声が、さらに2日続けて変化した霧馬山に「またやるとは」「うまくやるなあ」といった反響が寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】派手な“ダイブ”に館内騒然
【映像】派手な“ダイブ”に館内騒然
【映像】あわや…酸欠状態でフラフラ
【映像】あわや…酸欠状態でフラフラ