「見事な相撲です…ありがとう!」実況が思わず叫んだ照ノ富士と宇良の熱戦にファンも興奮「これは名勝負!」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十日目◇21日◇東京・両国国技館

 横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が前頭六枚目・宇良(木瀬)を熱戦の末に上手投げで下し、9勝目となる勝ち星を挙げた。持ち前の身体能力を発揮した宇良と横綱としての意地を見せた照ノ富士の取組に、視聴者からは「これは名勝負!」「ウラバウアー!炸裂!!」といった興奮と称賛の声が寄せられた。

【映像】「ありがとう!」実況が叫んだ一番

 九日目の取組で今場所初黒星を喫し、横綱となって初となる金星を供給していた照ノ富士。宇良と対戦した十日目の取組では、立ち合い直後、相手の左腕を極めて攻めるも、宇良が足を取りにいこうとするなど必死に応戦。お互いに一度離れて睨み合う態勢になると、館内からは大きな拍手とどよめきが沸き起こった。その後、あらためて組み合って白熱した攻防戦を繰り広げると、最後は右上手をとった照ノ富士が上手投げを披露。反り返った宇良は右下手を離さずに食らいつく執念を見せたが、背中から落ちるように倒れて勝負が決した。勝った照ノ富士は9勝目。敗れた宇良は6敗目を喫した。

 取組後も拍手が鳴り止まない中、ABEMAで実況を務めたフリーアナウンサーの生島ヒロシは「見事な相撲です。ありがとう!」と興奮気味に一言。同じく解説を務めた元大関・琴奨菊の秀ノ山親方は「なかなか横綱の上体を浮かすことができなかったんですけど、下から押し上げて」「途中で足を取りにいったり、いろいろな工夫をしながら揺さぶっていました」と宇良の取り口を解説すると、「お互いの苦しかった時の意地が出て、素晴らしい相撲内容でした」と両者の健闘を称えた。

 白熱した一番に、視聴者も「これは名勝負!」「うらたん最高」「ウラバウアー!炸裂!!」「すごい粘り」「横綱も立派でした」と大盛り上がりの様子を見せていた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】「ありがとう!」実況が叫んだ一番
【映像】「ありがとう!」実況が叫んだ一番
【映像】あわや…酸欠状態でフラフラ
【映像】あわや…酸欠状態でフラフラ