土俵下で珍しい「でんぐり返し落下」翔猿、柔道ばりの受け身で無傷にファン「すごいな」「もう一回見たい」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十一日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭十七枚目・千代の国(九重)が前頭八枚目・翔猿(追手風)を送り倒しで下した一番で、敗れた翔猿が土俵下に落ちる際に華麗な“でんぐり返し”を披露した。視聴者からは「すごいな」「もう一回見たい」といったコメントが相次いだ。

【動画】翔猿の軽い身のこなし

 立ち合い直後、激しい突っ張りの連打に苦戦し、なかなか相手の懐に飛び込めずにいた翔猿。いなされて落ちそうになるも、なんとか持ち堪えると土俵際でクルリと横に回転し、素早い動きで粘りを見せた。だが最後は背中を取られ、送り倒しを決められて7敗目となる黒星を喫した。敗れた際に土俵下へと落ちた翔猿は、柔道の前回り受け身の要領で一回転。見事な身のこなしで落下のダメージを回避していた。勝った千代の国は今場所勝ち越しとなる8勝目を挙げた。

 敗れはしたものの華麗な前転を見せた翔猿に、視聴者からは「でんぐり返し」「くるくるーまわーる」「すごいな」「もう一回見たい」「負けても光る、身のこなしの良さ」といった声が続々と寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)
 

【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】土俵際の“ハグ”
【動画】土俵際の“ハグ”