勝負がついた後の“ハグ”にファンがきゅん 優しさが滲む様子に「優しさいい」「抱き愛」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十一日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭四枚目・玉鷲(片男波)と前頭六枚目・宇良(木瀬)の一番で、勝負が決した際に土俵際で組み合った姿が「抱き合ったw」「玉鷲優しい」と話題になる一幕があった。

【動画】土俵際の“ハグ”

 立ち合い低い姿勢で潜りにいった宇良。一方の玉鷲は落ち着いて突っ張りを繰り出し寄せつけず、両者一度離れると距離を取ってにらみ合う体勢となった。その後、先に動いた宇良が果敢に攻めていったものの、前に出る相手に押し出され、左足が土俵を割って決着がついた。勝敗が決した際、両者組み合ったままその場で立ち止まり、まるで互いに優しく抱き合うかのような格好に。敗れた宇良は7敗目。勝った玉鷲は4勝目を挙げた。

 緊張感あふれる一番に、ABEMAで解説を務めた元関脇・勢の春日山親方は「(玉鷲は)落ち着いていましたよね。慌てず」と一言。続けて宇良の取り口について「下がって何かをしようとしていましたよね。こういう相撲を取っているとけがが危ない」と言及すると、「やっぱり前に出ている方が……」とアドバイスを送った。

 勝負が決した際の両者組み合った光景に、視聴者は「抱き合ったw」「Oh~」「そのハグの間に挟まりたい」「玉鷲が抱き止め、宇良が抱きつく」と大盛り上がり。玉鷲が優しく抱きかかえたように見えたファンもいたようで、「玉鷲優しい」「抱き愛」「最後の優しさいい」といった声も相次いで寄せられた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)
 

【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】土俵際の“ハグ”
【動画】土俵際の“ハグ”