167キロの力士が上からドスン!心配されるも元勢・春日山親方「やっている時は感じない」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十一日目◇22日◇東京・両国国技館

 大関・正代(時津風)が関脇・明生(立浪)を上手投げで下した一番で、土俵際で敗れた明生にのしかかるように正代が倒れ込んだ。実況が心配するも、春日山親方は「やっている時には感じない」と語り、視聴者からは「顔つぶれちゃーう」「ボディプレス」といった声が寄せられた。

【動画】正代が上からドスン

 立ち合い踏み込んでいく明生に対し、引いて応戦した正代。その後、正代は相手に休む隙を与えず圧力をかけ続け、左上手を取ると力強く振り回して土俵際へ。最後は明生が左足一本で粘りを見せるも、そのまま正代が上手投げを決めて勝ち星を挙げた。勝負が決した際、頭から倒れた明生の上に167キロの正代が覆い被さるように重なった。勝った正代は今場所勝ち越しとなる8勝目。敗れた明生は7敗目を喫した。

 ABEMAで解説を務めた元関脇・勢の春日山親方は、果敢に攻めた正代を「強かったですね。休まず、力強かった」と称賛。最後の場面について、同じく実況を務めた舩山陽司アナウンサーが「(明生が)ひっくり返ったところに正代が落ちてきましたが、ああいう時でも首は大丈夫なんですか?」と質問すると、春日山親方は「やっている時は感じないんです」と説明。自身の現役時代を振り返りつつ「終わった後に痛みがやってくる」と語った。

 大関としての意地を見せた正代の取り組みに、視聴者からは「圧すごかった」「いい相撲やった」「クソ強いな」と称賛の声が殺到。勝負が決した際の“のしかかり”についても「顔面に着地」「顔つぶれちゃーう」「ボディプレス」といったコメントが相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)
 

【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】土俵際の“ハグ”
【動画】土俵際の“ハグ”