藤井聡太三冠、日本シリーズ初制覇へ初戦 強豪・千田翔太七段と対局開始/将棋・JT杯
番組をみる »

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が9月25日、将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦第4局で、千田翔太七段(27)と対局を開始した。本局の勝者は準決勝で永瀬拓矢王座(29)と対戦する。藤井三冠は、3年連続3度目の出場で、初優勝に向けて自身初戦を突破できるか。

【動画】「将棋日本シリーズ」二回戦第四局 藤井聡太三冠 対 千田翔太七段

 藤井三冠は今期、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負、お~いお茶杯王位戦七番勝負で防衛に成功。叡王戦五番勝負で奪取し、現在は渡辺明名人(棋王、王将、37)と並ぶ三冠保持者となっている。10月からは竜王戦七番勝負で豊島将之竜王(31)に挑戦。自身初、史上最年少での四冠を目指している。このJTプロ公式戦は1年目に賞金ランキング、2年目はタイトル保持者として参加資格を得たが、最高でも昨年のベスト8止まり。今期は初優勝を狙う。

 千田七段との対戦は過去の4局あり3勝1敗。この1敗は、同じく早指しの朝日杯将棋オープン戦準決勝で、この勝利で決勝に進出した千田七段は、優勝を果たしている。

 JTプロ公式戦は前年覇者、タイトルホルダー、賞金ランキング上位者から12人が選出されるトップ棋士たちによるトーナメント戦。持ち時間は各10分、切れたら1手30秒未満、各5分の考慮時間。振り駒の結果、先手は藤井三冠。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

2021年度「将棋日本シリーズ」二回戦第四局 藤井聡太三冠 対 千田翔太七段
2021年度「将棋日本シリーズ」二回戦第四局 藤井聡太三冠 対 千田翔太七段
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦