出るか!勝利の“花まるこ”丸山奏子、岡田紗佳にライバル心「負けたくないなって思います」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 赤坂ドリブンズに「育成」をテーマに指名をされ、チームのマスコット的に愛されもしてきた丸山奏子(最高位戦)だが、2021シーズンでMリーグ3年目を迎える。着実に実力、プロ意識を高めた分だけ悔しさも増え、涙を流すこともあった。オフシーズンには「花まるこ」のポーズでも話題になったが、ライバルにKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)の名を挙げ「負けたくないなって思います」と、力強い口ぶりで今期への思いを語った。2度目の優勝を目指すチームの中で、どんな戦いを目指すのか。

【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議

――昨期は自身2年目のシーズンで、チームは4位でした。振り返りをお願いします。

 個人的にはレギュラーシーズン、セミファイナル、ファイナルと全てポイントマイナスで終わり、もっと何か出来たのではないかという気持ちが強いです。ただ、1年目はレギュラーシーズンで敗退してしまったので、セミファイナル、ファイナルと経験させていただいた事は、自分の成長にとってプラスに働くと思います。

 成績自体は1年目と2年目であまり差はないのですが、2年目の方が少しは試合に入れたのではないかと思います。2年連続で10試合の出場に終わってしまいましたが、1試合でも多くの試合に出たいという気持ちは常にあります。そのため、出場数を増やすにはポイントを重ねるしかないという思いが強くなりすぎてしまい、個人戦のような感覚で対局に臨んでしまった結果、マイナスに働くような選択をしてしまったことがありました。それはすごく後悔しています。

 麻雀は(間違えなければ)絶対に勝てるというゲームではないので、結果だけでは判断されないと思っています。特にドリブンズは、内容も含めて判断してくれるチームだと思いますので、今期はチームにとってプラスになることだけを考えて、戦いたいと思います。

――最終日のインタビューでは思いが溢れて涙もありました。

 10試合しか出られない=成長していない、という声を聞くと、すごく悔しくて。初年度よりも、去年よりも、絶対に強くなっているという自信があるので、今期はそれを発揮して見返したいという気持ちが強いです。

 今期はその思いが悪い方へ出てしまわないように、常に冷静でありたいと思います。状況によってやれる事は限られてくると思うので、その置かれた状況を冷静に見つめた上で、最良の選択が出来るようにしたいと思います。

――Mリーグ以外の試合でも成長を実感できる機会がありましたか。

 以前と比べ選択肢がすごく増えたので、人に意見を聞かれた時も複数の要素を交えて説明できるようになったと思います。

 私にとって、自分から発信できるようになったという事はすごく大きいことなんです。もちろんそれが正解でない事もありますが、そもそも以前はそれを考えるに至っていなかったので。正解か不正解かは、その都度練習で検証していけば良いですし、麻雀は一度により多くの事を考えられる方が絶対に良いと思うので、見える景色が広がった事はすごく嬉しく思います。

 自信を失うこともありますが、村上淳さんが「絶対強くなっているから自信持って」と言ってくれるので、それが励みになっています。

――今年から他チームには新たな選手が増えました。

 今年は入れ替わりが多く、正直びっくりしました。それでもやはり私のライバルは岡田紗佳さんだと思っています。Mリーグに入った時期や年齢が近いこともありますが、それよりも、彼女がすごく一生懸命に麻雀の勉強をしている事を知っているので、私も負けられない、負けたくないという気持ちになります。

――岡田選手が強くなっている、成長しているという感じる部分はどこですか。

 以前と比べ、選択に迷う場面が少なくなり、打牌のリズムがすごくスムーズになった事です。

 私は成績が奮わないと、気分が沈み、どんどん萎縮してしまうので、岡田さんの対局中堂々としているところも、すごいなぁと思います。夕刊フジではチームメイトで、普段から仲良くさせてもらっていますが、同時にライバルとして、お互い高め合っていければ良いなと思います。

――オフ期間中には「花まるこ」というフレーズがファンの間でも話題になりました。Mリーグでは使いますか。

 使うとしたらトップを取った時くらいだと思います。他でそんなことをやっていたら「ナメてるのか」と思われてしまうので(笑)内容の良いトップが取れたら、リポーターの松本圭世さんに振ってもらいたいと思います(笑)

――最後にチームを優勝させるための個人の目標をお願いします。

 0.1ポイントでもいいので、プラススコアで終えること!今まで私の▲100をおじさんたち3人(園田賢・村上淳・鈴木たろう)に背負わせてしまっていたので、それがなくなるだけで、かなり優勝に近づくんじゃないかな。優勝したら飛び跳ねて「花まるこ」やります(笑)。
 

【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議
【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議