今年のゼウスは“守護神”か 鈴木たろう「4着回避率のタイトルでも取ってやろうかな」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 多くの麻雀ファンが理解できないことから「ゼウスの選択」とも呼ばれる赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)。想像のつかない打牌選択から、華麗なアガリに持っていく様子は実に神がかっているが、Mリーグの過去3年ではその実力を存分に発揮したとは言い難い成績だ。奮起を誓う4年目を前に、目標の一つとして掲げたのが「4着回避率のタイトルでも取ってやろうかな」という、まさかの“守護神”宣言だった。

【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議

――チームは2度目のファイナル進出でしたが結果は4位でした。シーズンを振り返っていかがでしたか。

 あまりパッとしない一年でしたね。良くもなく悪くもなくみたいな平凡な感じで。恵まれなかったところもあったけど、麻雀はそれの繰り返しですから。とりあえずやることをやるしかない。もがいても結果が出るものでもないし、幸運に恵まれるのを祈りながらですね。

 麻雀は絶対に上にも下にもブレるゲームなので、良い結果が出るように、良い偶然をつかめるように、最善の努力をするみたいな感じですかね。やれることをやって勝ち切りたいという気持ちしかないですね。

――他チームではメンバーに動きがあった中、ドリブンズは3年連続で同じ構成になります。

 変えなくても戦える力がある、ということだと思います。まるこ(丸山奏子)に関してはこれからですけど、他の3人に関しては長年いろいろなところで戦っているので、今さら何か新たなものが、という感じではないです。

 チームの意思疎通はできていますし、打っている最中も「そういう気持ちで打っているんだな」という心境を感じることはありますね。「ちょっと引き気味なのかな」とか「やる気があるな」というのは、選択からわかります。丸山さん本人は、まだブレているところがあると思います。1年目に細かいことをたくさん教えたので、今は馴染ませる期間です。結果うんぬんよりは内容ですかね。良い過程の麻雀を見せて欲しいなと思います。

――鈴木さん自身、過去3シーズンで気持ちのいい成績を残せていない印象です。

 そうですね。1年目のファイナルだけはよかったんですけど。それ以外はしっくりこない。自分自身が感じているし、やりながら結果を上げていくしかないと思っています。今までのものは取り戻せないので、これから良い成績を残したいなと思っています。

――改めてMリーグルールや、対戦相手がすぐに変わる、1日最大2試合という戦いにも難しさはありますか。

 回数は1回も4回も同じです。錯覚の範囲内。ルールに関しては、みんな探り探りというところがある。あとは舞台が大きいというところで、周りを意識してしまっているところがあるかもしれないですね。周りというのはファンの多さ。徐々に変わってきている気がしますが。特に初年度、ドリブンズはそうでもないですが、他のチームがやはり意識してるというか、お上品に打っているなというのを感じはしましたね(笑)。新人の女の子とかだと、やはり周りの目を気にするところがあるのかなと思います。

――今年は5人の新Mリーガーが誕生しました。

 正直まだあんまり知らなくて、どんな麻雀打つ人なんだろうと思っています。本田朋広さんや伊達朱里紗さんはまだ見ていなくて、松ヶ瀬隆弥さんはよく知っています。やりながらちょっと見ていこうかなと思っています。

――チームとしては2度目の優勝を目指すところ、個人として目標はありますか。

 もちろん狙いはMVPです。4着回避率のタイトルでも取ってやろうかな。それぐらいの気持ちで堅実に行こうかなと(笑)。どうしても攻め寄りになってしまうので、守備寄りの意識を強く持とうかなという気持ちは持っています。本気で守れば、かなり守れると思います。性格的にできないので、どうしても加点の方に意識がいってしまいますが。どうしても攻め寄りになってしまうので、それぐらいの意識で打とうかなという気持ちはあります。
 

【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議
【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議