「あの体勢から残すのか!」相撲ファンが興奮 豊昇龍の劇的な逆転劇
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十四日目◇25日◇東京・両国国技館

 前頭筆頭・豊昇龍(立浪)が前頭十枚目・千代大龍(九重)をとったりで下した。豊昇龍は土俵際に追い込まれあわやの場面があったが、劇的な逆転劇を見せて、「土俵際の魔術師」「豊昇龍、あの体勢から残すのか!」とファンから驚きの声が上がった。

【映像】あの体勢から…鮮やかな逆転劇

 立ち合い、正面から当たっていった両者。豊昇龍は千代大龍の強烈な突っ張りを受けて土俵際に追い込まれるも、見事な粘りを見せて、とったりで千代大龍を倒した。豊昇龍は今場所は途中休場があったため、これで勝敗は5勝7敗2休に。一方、敗れた千代大龍は、7勝7敗と星を五分に戻した。勝ち越しは千秋楽へお預けとなった。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「豊昇龍は危なかったけど、土俵際よく粘りましたね。良い相撲でした」と絶賛。敗れた千代大龍に対しては「お腹を押せば良かったんですけどね。その為の大きなお腹なわけですから。まわしなんかも利用するといいんですけどね」と指摘していた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】あの体勢から…鮮やかな逆転劇
【映像】あの体勢から…鮮やかな逆転劇