大号泣のV逸から悲願の初Vへ 多井隆晴「ファンが僕に求めているのは、現役No1.選手が優勝するところ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 あと少しで優勝を逃し、人目も気にせず大号泣した2020シーズン最終日。その悔しさは忘れないが、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)の自信が揺らぐことはない。「個人ではNo.1ですから。ファンが僕に求めているのは、現役No1.選手が優勝するところが見ること」と、単なる優勝宣言以上に、超強気の意気込みを語った。チームはレギュラーシーズン、セミファイナルと堂々の1位通過。個人としても、レギュラーシーズンでまたも十分なプラスを叩き出した。とにかく強いこの男。今期もその雀力、口ぶりに衰えの影は見えない。

【中継】大和証券 Mリーグ2021 開幕式&開幕戦

――昨年はチーム3位でしたが、惜しくも優勝を逃しました。

 僕がもっと実績がなくて、トッププロでなければこの3年間の数字は、十分に満足がいく。でも個人ではNo.1ですから。ファンが僕に求めているのは、現役No1.選手が優勝するところが見ること。最後の最後で優勝を逃してしまったというイメージです。

――最終戦の直後には号泣されました。

 感情を押し殺す必要はないと思っているんで。ポーカーフェイスは必要ない。貴重な時間、お金を使って見ていただく商売ですし、悔しがることはやってきたので。個人戦だったらまた別だったと思います。

 監督の藤田晋さんも、チェアマンであることも含めて(連投起用は)悩んでいた。そもそも一番強い多井をいっぱい出せば勝ちやすいのはわかっていた。それを「Mリーグとはなんぞや」ということと照らし合わせて、ファンのことを考えながらやっていたと思うので。連投はあるなと思っていたし、それでもやらないだろうなという思いもあったし。今期は(連投がある)覚悟ができたので、今度はもう負けないですよ。

――最後は多井さんに頼らざるを得なかったと白鳥翔選手、松本吉弘選手は言っていました。

 1年でも早く僕に追いついて、ファンや監督、有識者の評価が多井と並ぶようになってほしい。今一番勝つ確率が高いのは僕なので。

――強者と呼ばれるためには何が必要ですか。

 いろいろですよ。普段のトレーニングから意識を変えないといけない。僕もいつまで現役を続けるかわからないし、伝える側にいこうと思っています。必要とされている間はやろうと思っていますけど、自分にとって満足できるプレイができなくなったら、たとえ一番でも嫌なんですよ。人と比べていないから。まだ伸びていけているのか、現状維持か、緩やかに下っているかは何年後かにしかわからない。でも今はまだ劣っているということがまるで感じられない。どの瞬間を切り取っても自分の方が上だなと思えるので。

――チームメイト3人には今期、どう戦ってほしいですか。

 目先の勝ちより、将来、史上最強になってほしい。多井みたいになってほしいとは全然思っていなくて、それぞれ麻雀も性格も違うので、あの子たちの中での最強になってほしい。彼らと10年、20年違う差を、1、2年で埋めてあげようと思っている。そういう意味じゃ、あいつらにかかっていますよ。

――今年も新たなMリーガーが生まれ、中でも多井さんが代表を務めるRMUからは松ヶ瀬隆弥選手が入りました。

 RMUはすごく小さい、新しい団体のイメージを持たれていると思うんですが、もう300人近くいる。あと2年経ったら(他の団体に)追いついてやると思っている。強い人は多井しかいないと思っているかもしれないけど「浦島太郎だよ、もうそんな時代じゃないよ」って。今、団体対抗戦をやったら負けないよっていうのをわからせてやろうと思ってたんで。ちょうどいいんじゃないですか。

――以前行われた団体対抗戦では松ヶ瀬選手がリーダーも務めました。

 松ヶ瀬で十分と思ったんで。あそこで僕が大将をやって(日本プロ麻雀)連盟員を倒してもいつものことなんで。松ヶ瀬が倒すことが大事で、やっぱりやってくれた。(EX風林火山の)オーディションは相当な確率でいけるなと思っていました。ここ5年、彼は僕と戦っているし。団体戦で彼に大将をやらせたことが効いたんじゃないですか。彼自身がどう思っているかはわかんないですが。ハートが鍛えられたんじゃないですか、結構ハートを鍛えるのは大変なんですよ。

――Mリーグでの直接対決をファンも、本人も期待しています。

 あんまり慌てないでほしい。注目は浴びますが、自分のことだけを考えて「お前がMリーグを背負う必要はないから、自分の麻雀を打ちなさい」と。僕のペースになっちゃうと勝ち目がないんでね。君は君のベストを出しなさい、それでもまだ全然届かないんで。超上から「麻雀の勉強だけしてなさい」って思ってます。

――新加入選手で、他に気になる人はいますか。

 二階堂瑠美ちゃん、入ってよかったですね。二階堂姉妹は1+1が3にも4にもなる可能性がある。EX風林火山は全然戦力ダウンしたと思っていない。1対1なら僕も勝つ自信がありますが、2人一緒になると人気でもなんでもちょっとキツい。Mリーグを盛り上げる上で、いいライバルができた。他にライバルになり得る人がいないので、僕は嬉しいです。

 伊達朱里紗さんは、いい目をしていると思いますよ。空回りしないように、冷静に。彼女ももう大人なので、最初に麻雀プロになった時の気持ちをいつも忘れずに。Mリーガーじゃなくて麻雀プロになった時。声優さんをやりながら、プロになった時のピュアな気持ちを忘れないでやってほしいですね。

――今期の目標は当然、チームの優勝になると思います。

 地力が一番あるチームです。1000試合やればうちが一番強い。上から目線で言うと総合力ではうちが一番上だと思っています。だけど決勝戦での爆発力は、違う要素が求められる。運も求められるし、簡単な話、12回中6回トップを取るチームが優勝するんですよ。そこは運要素があるんですけど、一番実力が出る90試合のレギュラーシーズンだけは、1位か2位はこだわって、実力で通過したいと思っています。数字で証明します。それ以外に実力を示す術がないので。

――個人としての目標もお願いします。

 いつまでもNo1.でいようかなと思っていますけど、あんまり変わったことをしようとはせず、普通に勝つだけ。僕がプラスをしているうちは、あの3人が安心して戦えますから。序盤から?無理!スロースターターなので、条件戦になってからじゃないと。やることが決まってからの方が打ちやすい。わかりやすくなってから勝っちゃおうかな。
 

【中継】大和証券 Mリーグ2021 開幕式&開幕戦
【中継】大和証券 Mリーグ2021 開幕式&開幕戦
【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議
【動画】Mリーグ2021シーズンドラフト会議