藤井聡太三冠、最年少四冠への挑戦「最高峰の舞台にふさわしい熱戦を」/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月8日、竜王戦七番勝負第1局で豊島将之竜王(31)と午前9時から対局する。最年少三冠を達成してから1カ月弱、今度は羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月の更新をかけたシリーズに挑む。トップクラスの棋士たちとの対局が続く中、8割を超える勝率を維持。将棋界最高峰のタイトル戦でも、その強さを見せつけるか。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 今期は棋聖、王位と防衛、さらに叡王の奪取にも成功し、2016年10月のプロデビューからわずか5年で、三冠保持者にまで駆け上がった。対局前日のインタビューで「竜王戦はこれまで決勝トーナメントには出ていたんですが、なかなか挑戦まで来ることができていなかったので、今期初めて番勝負の舞台に出られてうれしく思います」と語ったが、この最高峰タイトルを獲得すれば、最年少記録の更新とともに、渡辺明名人(棋王、王将、37)を抜いて、序列1位に立つことになる。そうなれば、まさに“藤井時代”の本格的な到来だ。

 今期、3度目のタイトル戦となる豊島竜王に対しては「今期の王位戦と叡王戦でも番勝負があったんですけど、序中盤で差をつけられてしまう展開が多かったので、そのあたりが課題です」と、対局の前半に気を使う。互角で得意の終盤に持ち込めれば、藤井三冠のペースと見てもいいだろう。

 勝ち進むごとに新たな記録が後からついてくる藤井三冠。「王位戦と叡王戦の経験を活かしつつ、竜王戦という最高峰の舞台にふさわしい熱戦にできればと思います」と意気込んだが、その表情には緊張はなく、まさに普段通りといった余裕を感じさせた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠