藤井聡太三冠、最年少四冠への挑戦がスタート 豊島将之竜王と第1局開始/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月8日、竜王戦七番勝負第1局で豊島将之竜王(31)と午前9時から対局を開始した。藤井三冠は、このシリーズを制すれば史上最年少での四冠を達成。新たな記録へ向かう中、どんな開幕局とするか。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 今年度、棋聖と王位を防衛、新たに叡王を獲得し史上最年少19歳1カ月で三冠を達成した藤井三冠だが、早くも次の記録へと突き進んでいる。豊島竜王とはお~いお茶杯王位戦七番勝負、叡王戦五番勝負に続いて、今期3度目の番勝負。合計「十九番勝負」にもなったが王位で防衛(4勝1敗)、叡王で奪取(3勝2敗)と、かつては天敵とも呼ばれた相手に大舞台で勝ち続けている。この竜王の奪取に成功すると、渡辺明名人(棋王、王将、37)を抜き、ついに序列1位に君臨することになる。なお、現在の最年少四冠記録は、羽生善治九段(51)が持つ22歳9カ月だ。

 対する豊島竜王は、通算成績で9勝8敗と藤井三冠に対して勝ち越している数少ない棋士。一時は竜王・名人、三冠なども達成したが、この番勝負の結果次第では無冠となってしまう。タイトルホルダー4人に使われている「4強」に踏みとどまるため、また竜王3連覇のために、この第1局は是が非でも取りたいところだ。

 持ち時間は各8時間の2日制で、振り駒の結果、先手は藤井三冠。第2局以降は先手・後手が交互に入れ替わる。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠