不動の“山”担当・松ヶ瀬隆弥 開幕3連投の期待に応え初トップ「めちゃめちゃ嬉しい」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 トップ終了を確認すると、思わずスタジオの天井を見上げ一息ついた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月8日の第1試合、開幕戦から3連投を任された新人、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)がリーグ参戦後初トップを獲得。試合後は「めちゃめちゃ嬉しい」と喜びを爆発させた。

【動画】初勝利に笑顔の松ヶ瀬隆弥

 この試合の対局者はKADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、松ヶ瀬の並びでスタートした。チャンスは開局早々に訪れた。アガリまでのターツが足りていることを確認すると、松ヶ瀬は不要なマンズを早めに払い、ピンズのカンチャンを引き入れて即リーチ。これがリーチ・ツモ・平和・一盃口・裏ドラ2の1万2000点となり、大きな先制点を手に入れた。

 開幕戦では多くの勝負手が空砲に終わったが、この日は違った。東4局の親番ではダブ東を暗刻にしてリーチ、デビューに際し付けられたキャッチコピー「繊細なる超巨砲」の名のごとく、アガリやすさと打点とのバランスをギリギリで調整し、丁寧な手順でリーチ・ツモ・ダブ東の1万2000点をアガってダントツとなった。南4局、試合を締める石橋のアガリが出て、松ヶ瀬はリーグ初勝利をゲット。その直後、メガネをクイっと持ち上げ、込み上げる思いをこらえるかのように、しばし宙を見つめた。

 インタビューではこの初勝利について「めちゃめちゃ嬉しいですね」と一言。その後は「開幕から3試合続けて任され期待に応えたかった、どうしてもトップが欲しかった」と、赤裸々に心中を明かした。

 チーム名「EX風林火山」の漢字の担当では、松ヶ瀬は“山”であると語ったが、この日は“火”のリストバンドを付けていた。これについては「今日も“山”で行こうと思っていたんですが、控室で『今日は“火”で行ってみよう』と言われて」と説明。前回は4着で、その時とは違うリストバンドのおかげもあってかこの日は勝負手がしっかり決まり、渇望していた初勝利を掴み取った。

不動の“山”担当・松ヶ瀬隆弥 開幕3連投の期待に応え初トップ「めちゃめちゃ嬉しい」/麻雀・Mリーグ

 この日の松ヶ瀬は“山”の担当のごとく、軽い仕掛けや相手から手の内が読まれることを極力避けた。ドラがあるチャンス手でも「ドラがある時に役牌が重なると鳴かざるを得なくなる。僕が鳴くと高いことはバレてしまうので、重ならないように孤立の端牌より役牌の中を先に切った」という戦略も駆使し、メンゼン進行での重たいパンチを繰り出した。

 開幕3戦目で初トップ。この日、放銃はゼロと内容はまさに“山”のごとくドッシリと安定感があるもの。「麻雀の実力だけで選ばれた」というオーディション優勝者が、チームの一員として存在感を増しつつある。インタビューの最後は改めてリストバンドを掲げて決めポーズ、視聴者からは「トップおめでとうーーー」「松ヶ瀬応援するぜ」「ガチのメンバーは勝って当然!かかって来い!」「沢山出ればプラス取れそうって感じするわ、お疲れー」と、賞賛やねぎらいのコメントを投稿されていた。

【第1試合結果】

1着 EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)4万2600点/+62.6
2着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)2万9600点/+9.6
3着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)2万900点/▲19.1
4着 KONAMI麻雀格闘俱楽部・高宮まり(連盟)6900点/▲53.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)