リーグ最年長・沢崎誠が自身初戦で初勝利 大不振の去年は「忘れちゃいました」とニッコニコ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ファンが待ちわびた大ベテランの復調だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月8日の第2試合で、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)が今期初登板で初勝利、チームに最初の白星をもたらした。

【動画】インタビューでもニコニコの沢崎誠

 この試合の対局者はEX風林火山・二階堂瑠美(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、沢崎の並びでスタート。沢崎は東1局、赤五万が入った好配牌を手にすると、4巡目に赤5索を引いてリーチ。この日がデビュー戦の伊達から追っかけリーチが入るも、すぐにツモってリーチ・ツモ・平和・赤2の8000点の先制に成功する。

 東4局1本場は朝倉の先制リーチに6・9筒待ちで追いつくと果敢に追っかけリーチ。9筒は朝倉が暗刻。待ちの枚数は朝倉の5枚に対して沢崎は2枚とかなり不利だったが、見事に6筒をツモって、リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・赤の12000点(+300点、供託1000点)をアガってダントツに。その後は決して無理をせず、オーラスもツモが効かないとみるや「今日はもうダメだな」と潔く悟り、ノーテンでゲーム終了。ベテランらしい危なげない試合運びで、朝倉とこの日がMリーグデビューの伊達・瑠美をしっかり抑え切っての、嬉しい今期初勝利を飾った。

 インタビューに訪れた沢崎は満面の笑顔。「自分の着順より、チームの成績が原点に戻ったことが重要です」とほほ笑んだ。昨年は個人成績28位と大不振に陥り、ファイナル終盤でも若きエース内川幸太郎(連盟)に登板を託した。インタビュアーに昨年のことを触れられると「忘れちゃいました」と吹っ切れた笑顔をみせて、しっかり気持ちを切り替えて今期に臨めていることをアピールした。

 この日Mリーグで初対決となった伊達、そして瑠美の2人については「あんまり美人が入ってくると困りますよね。卓に集中しないと」と茶目っ気たっぷりに語った。また「北家を任されたので、(大トップを狙って)みっちり長くやろうと思ったんですが、最後は息切れしましたね」と語り、5万点近くの大トップでも物足りないといわんばかりの、最年長のベテランらしからぬ貪欲さも見せていた。

リーグ最年長・沢崎誠が自身初戦で初勝利 大不振の去年は「忘れちゃいました」とニッコニコ/麻雀・Mリーグ

 チーム創設から2年連続でファイナル進出。昨期は準優勝を果たし、今年の目標は頂点ただ一つだ。そのためには幾多のタイトル戦で優勝経験を持つベテラン沢崎の力が求められる。そして沢崎自身もそれを十分に理解しているはずだ。インタビューの締めに沢崎はファンへ向けて「去年は迷惑をおかけしました。とりあえず1勝してチームがプラスに戻ったので、これから始まりという感じですね、応援よろしくお願いします」と語りかけ、深々と頭を下げた。

 頼れるベテランの復調に視聴者は「沢崎さんナイストップでした!!」「迷惑じゃないよ。お前は最高や!沢崎」「良い顔です♪おめでとうございます」「全Mリーガーの中で1番可愛い」「沢崎さん最高!」と声援コメントを投稿していた。

【第2試合結果】

1着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)4万8200点/+68.2
2着 KONAMI麻雀格闘俱楽部・伊達朱里紗(連盟)2万6000点/+6.0
3着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)2万3200点/▲16.8
4着 EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)2600点/▲57.4

【10月8日終了時点での成績】

1位 TEAM雷電 +131.8(4/90)
2位 渋谷ABEMAS +62.3(4/90)
3位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
6位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲71.0(4/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲76.5(4/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)