美女雀士・高宮まり、かわいい“ちょいイラ顔”に実況「怒られたいまである」ファンが納得/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 長いイーシャンテンに心がザワザワ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月8日の第1試合、KONAMI麻雀格闘俱楽部・高宮まり(連盟)がイーシャンテン時に“ちょいイラ顔”をみせ、そのかわいらしい表情に実況・解説とコメント欄が賑わう一幕があった。

【動画】美女雀士・高宮まりの“怒られたくなる”顔

 場面は南1局3本場、前局から引き継いだ連荘の積み場と、供託のリーチ棒が2本あり、安くてもアガリの価値がとにかく高い状況。ここで高宮は3巡目にして4筒と6索のくっつきというイーシャンテン。あとはどんな牌を引いてリーチと出られるか、焦点はそこだけだったはずが、待てど暮らせどテンパイしない。

 高宮がその後、やや“イラッ”としたような表情で、9巡目に9索をツモ切った時には解説の渋川難波(協会)が「高宮選手、もう怒ってますね、顔が」と話し、実況の松嶋桃(協会)も「あんなかわいい怒り顔あります?怒られたいまである。麻雀牌も怒られたかったんじゃないですか?」とこの話題に乗った。

 この掛け合いにはコメント欄も反応、「怒られたいwww」「ももw」「まりしゃん可愛いかわいい可愛い」「桃わかってる」と爆笑の渦が起こった。

美女雀士・高宮まり、かわいい“ちょいイラ顔”に実況「怒られたいまである」ファンが納得/麻雀・Mリーグ

 11巡目、高宮は自身の目から1筒が4枚、2筒が3枚見え、状況や良しと思えるカン3筒待ちでようやくリーチをかけた。しかしその3筒はU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)の手牌に3枚組みこまれ、残すはわずか1枚。その1枚も松ヶ瀬の手の中に吸収され、チャンス手は流局に終わってしまった。

 気を取り直し、次局の配牌を取る高宮に、視聴者からは「高宮リーチまではいくんだけどな」と悔しさに共感する声や「つかこんな美女と同卓したら麻雀にならんわ」「こんなかわいい子雀荘で見たことねえぞ」など、改めてそのかわいらしさにため息を付く声も多く投稿されていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)