これって変顔?二階堂瑠美の顔つき“七変化”に視聴者が興味津々「こんなんファンになっちゃう」/麻雀・Mリーグ

 試合開始早々、金髪の美人雀士の表情に、視聴者の注目が集まった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月8日の第2試合に、この日Mリーグのデビュー戦を迎えたEX風林火山・二階堂瑠美(連盟)が登場。瑠美は感情を隠さず戦い、その表情がアップになるたびに視聴者は引き込まれた。

【動画】二階堂瑠美の“変顔”

 麻雀を心から楽しむような笑顔が見られたと思いきや、次の場面では難しい盤面に目を凝らし、思わず苦笑いも。誰かのアガリが出ればキュっと口を結んで険しくなり、さらには口をタコのようにして“変顔”も披露。その度に視聴者は反応し、「いい顔だったわw」「口がヘの字になったw」「かわいいw」とコメントを投稿。

これって変顔?二階堂瑠美の顔つき“七変化”に視聴者が興味津々「こんなんファンになっちゃう」/麻雀・Mリーグ

 また同じく感情を隠さずに打つ渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)の名前を出して「隆晴との変顔対決」と新たな構図を作り出す視聴者の声もあった。

 Mリーグではルーキーの瑠美だが、麻雀プロとしてのキャリアは長く、女性の中では随一と呼べる実績の持ち主だ。多くの大舞台で積んだ経験がこの日もその振る舞いに表れ、シビアな戦いを心から楽しんでいた。新加入の美人雀士が魅せた表情の七変化。これでまたMリーグ観戦の楽しみが一つ増えた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)