2日目は3時間半で9手のじっくり進行 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠 形勢はほぼ互角/将棋・竜王戦七番勝負

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月9日、竜王戦七番勝負の第1局2日目で、豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。「相掛かり」から始まった一局は、1日目をほぼ互角の形勢で終えたが、44手目から再開した2日目の午前中もじっくりとした進行に。午後0時30分からの昼食休憩までに53手目まで進行し、形勢はほぼ互角。持ち時間では藤井三冠が50分ほどリードしている状況だ。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 序盤から深い研究で積極的な指し回しが光る豊島竜王と、中終盤での精度の高い指し手で高勝率を誇る藤井三冠の一局は、両者の対戦で5局連続となる相掛かりでスタート。1日目はお互いに1時間前後の長考を入れるなど、繊細な部分で構想を練った。

 前日、豊島竜王が封じた44手目が明かされ、2日目は藤井三冠の手番で再開したが、繊細な駒のポジション争いが続いており、形勢としては互角ながら、豊島竜王の方が自然に指しやすい手が多そうだ、という見解も出ている。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井三冠。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【昼食の注文】

豊島将之竜王 鰻丼 藤井聡太三冠 特選からめる黒印度カレー

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 2時間5分(消費5時間55分) 藤井聡太三冠 2時間59分(消費5時間1分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA