最年少四冠目指す藤井聡太三冠、第1局は苦戦模様 3連覇狙う豊島将之竜王がリードで佳境に/将棋・竜王戦七番勝負

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月9日、竜王戦七番勝負の第1局2日目で、豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。「相掛かり」から始まった一局は、1日目は互角だったのもの、2日目に入りじりじりと豊島竜王がポイントをリードし、午後5時の時点でも形勢は豊島竜王が有利と見られている。藤井三冠は今シリーズに史上最年少となる四冠達成をかけるが、大事な開幕局でここから踏ん張れるか。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 藤井三冠と豊島竜王、今年度3度目のタイトル戦となる今回の竜王戦七番勝負。第1局は、両者の対戦としては5局連続となる相掛かりからスタートした。1日目は両者、じっくりと序盤に時間を割き互角で終えたが、2日目に入ると少しずつ豊島竜王が指しやすい展開が続いた。両者、中住まいでバランスを取りながらの将棋になったが、豊島竜王の攻めが先に藤井陣に届いた形になり、ペースを握っている。

 藤井三冠はお~いお茶杯王位戦七番勝負で4勝1敗、叡王戦七番勝負で3勝2敗と、いずれも豊島竜王を下してタイトルを獲得。このシリーズを制すれば、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠、22歳9カ月を更新する史上初の10代四冠となるが、快挙達成に向けての第1局は、苦しい後半戦が続いている。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井三冠。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【午後5時時点での残り持ち時間】

豊島将之竜王 47分(消費7時間13分) 藤井聡太三冠 58分(消費7時間2分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA