藤井聡太三冠、最年少四冠へ白星スタート 苦しい中盤耐え、豊島将之竜王に逆転勝利/将棋・竜王戦七番勝負

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月8、9日に行われた竜王戦七番勝負の第1局で、豊島将之竜王(31)に123手で勝利、史上最年少での四冠に向けて幸先よく白星スタートを切った。藤井三冠は同シリーズを制すると、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月を3歳以上更新する、史上初の10代四冠となる。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 新たな快挙に向けての開幕局は、藤井三冠の先手番からスタート。両者はお~いお茶杯王位戦七番勝負、叡王戦五番勝負に続く、今年度3度目のタイトル戦にもなり、タイトル戦のみで今年度11局目となったが、戦型は5局連続となる相掛かりでスタートした。

 2人ともに序盤を対局のポイントとしていたこともあってか、1日目から持ち時間を惜しみなく費やす慎重な進行に。両者互角のまま、44手目を豊島竜王が封じ手とし、1日目を終えた。明けて2日目も午前中は主導権を争うべく、細かな部分での戦いになったが、午後に入ると、先に藤井陣に切り込んだ豊島竜王のペースに。藤井三冠にとっても、苦しい時間が長く続くことになった。

 勝敗の風向きが大きく動いたのは、両者の持ち時間が1時間を切ってから。終盤での逆転のチャンスを藤井三冠が逃さず、差を広げることに成功。苦しみながらも大きく離されることなく逆転のきっかけを狙い続けたことが、最年少四冠に向けての大きな勝利につながった。

 対局後、藤井三冠は「(1日目は)一手一手難しかったです。飛車の配置が悪いので、失敗したかなと思っていました。(2日目は)金が上ずってしまっている分、自信が持てない展開でした。粘り強くさせたのかなと思います」と振り返ると、第1局を制したことには「1勝することができたので、第2局以降も全力を尽くせればと思います」と語った。

 これで藤井三冠は、あと3勝すれば将棋界最高峰のタイトルである竜王を獲得。最年少、史上初の10代四冠を達成するとともに、渡辺明名人(棋王、王将、37)を抜いて、将棋界の序列1位に立つことになる。2016年10月のプロデビューから、ちょうど5年。いよいよ本格的な“藤井時代”の到来に、カウントダウンが始まった。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA