豊島将之竜王、悔しい初戦黒星 中盤までリードも終盤で藤井聡太三冠に逆転許す「ちょっとずつ悪くなってしまった」/将棋・竜王戦七番勝負

 将棋の竜王戦七番勝負の第1局が10月8、9日に行われ、3連覇を目指す豊島将之竜王(31)は123手で挑戦者の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)に敗れた。藤井三冠とは今期3度目となるタイトル戦だが、序盤から中盤にかけてはリードしていたと見られるだけに、一冠死守に向けては痛い黒星スタートとなった。

【中継】竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 序盤の研究の深さでは将棋界でも最高レベルと言われる豊島竜王は、藤井三冠の先手番から相掛かりで始まった一局でも新たな工夫を見せ、互角もしくはやや有利かという状況で1日目を終了。2日目の午前中まで、じっくりとした進行となる中、午後に入ったところでは少しずつリードを奪い、終盤へと向かっていった。

 形勢を損ねたのは、両者の持ち時間が残り1時間を切ってから。先に藤井陣に切り込んでいた豊島竜王だったが、そこでさらにリードを広げることができず、藤井玉の安全度が高まり始めたところで形勢が逆転。最後は藤井三冠の持ち味である終盤力に押されると、再逆転のきっかけは作れなかった。

 対局後、豊島竜王は「難しい将棋で、そんなに自信はなかったです。はっきりよくできる形ではなかったです。途中からちょっとずつ悪くなってしまったので、均衡を保つ手があればよかったんですが。(第2局は)気持ちを切り替えて、また頑張りたいと思います」と、淡々と答えていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
ABEMA