茅森早香が感情解放「出してみた」“おこ森”効果で今期初トップで“にこ森”に/麻雀・Mリーグ

 いつもクールな天才雀士が、この日は思わぬサービスで視聴者を沸かせた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月11日の第2試合で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が今期初トップを獲得。試合中は思うようにまとまらないツモに感情を隠さない“おこ森”スタイルも飛び出した。

【動画】茅森早香が“おこ森”になった瞬間

 この試合の対局者はKONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)、茅森の並びでスタート。四者並んだままの東4局、茅森は234の三色同順も見据えたイーシャンテンでドラの發をリリース。すると次のツモがなんと發で、ドラドラのテンパイを逃す格好に。裏目は麻雀に付き物とはいえ、茅森は珍しくここで裏目の發をじっくりと視聴者に見せるように持ち、ツモ切り後は少しムッとした表情をした。この手はしっかりリーチまで育て、リーチ・ツモ・タンヤオ・平和の7800点を獲得するが、茅森のいつもと違う雰囲気が残ったまま次の局へと進む。

 東4局1本場、またも茅森の表情がクローズアップされた。五万をトイツ落としする茅森の次のツモが赤五万。前局のドラの發の被りでウンザリしていたところに、この裏目の激痛。茅森は思わず手牌にカチンとぶつけ感情をむきだしに。これには視聴者も「おこw」「怒ってる?」「おこ森」「これはおこですわぁw」「茅森おこ!」と素早く反応した。

 実況の日吉辰哉(連盟)は「茅森はサイン色紙にいつも“冷静に打つ”って書くんですよ。今のは冷静じゃいられない!」と説明すると、一方で解説の藤崎智(連盟)は「怒ってないです、冷静ですよ」と切り返し、この掛け合いにも視聴者は爆笑していた。

 茅森がトップ取りのチャンスを掴んだのは南2局1本場。日向、萩原から2軒リーチを受けながら、カン8索の一気通貫確定のテンパイを果たすと、これを果敢にリーチ。見事にツモってリーチ・ツモ・一気通貫・赤・裏ドラの1万2000点(+300点)をアガってトップ目に立つ。さらに南4局の親番でも満貫をツモって勝負あり。今期、自身初トップを手に入れた。

茅森早香が感情解放「出してみた」“おこ森”効果で今期初トップで“にこ森”に/麻雀・Mリーグ

 インタビューで「珍しく感情がちょっと出ていた?」と聞かれると茅森は「ファンの方に『無表情ですよね』といわれて、ちょっと(感情を)出してみようかなと。そこを期待している方もいるみたいで」と笑って説明をした。これには視聴者も大笑いで、「おこ期待勢www」「ファンサービスかよw」「おこ森なの?」「ビジネスおこw」とコメントが渋滞した。

 ファンへ向けては「初戦ですごいマイナスをしてしまいましたが、今回のトップでプラスになったと思うので、皆さん安心してください。これからもプラス増やします」と語りかけた。

 感情を隠さない、新しいスタイルで快勝。実況と解説、そしてファンを楽しませながらの今期初勝利となり、インタビューも試合中の“おこ森”とは打って変わり、最後までにこにこ笑顔の“にこ森”だった。

【第2試合結果】

1着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)5万2300点/+72.3
2着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)3万1900点/+11.9
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)1万500点/▲29.5
4着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)5300点/▲54.7

【10月11日終了時点での成績】

1位 TEAM雷電 +82.6(6/90)
2位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲23.2(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(6/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
8位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】茅森早香が“おこ森”になった瞬間
【動画】茅森早香が“おこ森”になった瞬間
ABEMA
【動画】入場から決めポーズの東城りお
【動画】入場から決めポーズの東城りお
ABEMA