東城りお、デビュー戦の入場から決めポーズ チームメイトも「可愛い優勝」「精神力にご注目」/麻雀・Mリーグ

 美人雀士が繰り出した“先制攻撃”に、思わず視聴者は色めいた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月11日の第1試合に、今期からMリーグへ参戦するセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)が出場。入場シーンで本来は勝利者インタビューで行う“決めポーズ”をいきなり披露し、番組が突如として盛り上がるシーンがあった。

【動画】入場から決めポーズの東城りお

 東家として最初に現れた東城は、きれいな歯をみせニッコリとほほ笑み、Vサインを横にしたチームの決めポーズ。その後、卓に向かいながら少しはにかんだような表情も画面に抜かれると、視聴者は大興奮。「かわいい!!」「かわいいは正義」「リオ照れてるw」「今1番かわいいのは分かった」「これはトップだわ」とコメントが連投された。

東城りお、デビュー戦の入場から決めポーズ チームメイトも「可愛い優勝」「精神力にご注目」/麻雀・Mリーグ

 チームメイトの魚谷侑未(連盟)は自身のTwitterアカウントから「はい、可愛い優勝(入場シーンでいきなりこのポーズをする精神力にご注目ください)」と笑顔の絵文字を添えて投稿していた。

 デビュー戦は2着と善戦した東城、インタビューでも「やっていいんですかね?」とインタビュアーの松本圭世に問いかけ、改めて決めポーズをやってみせた。これには魚谷も「勝ってないのにやるんかい ナイス2着!」と投稿し、松本も同じく自身のTwitterで「すでにポーズとりながら『これやっていいんですか?』って言ってたので「はい!」としか答えられなかったです!笑」と投稿していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】2着でもポーズはばっちり
【動画】2着でもポーズはばっちり
ABEMA
【動画】入場から決めポーズの東城りお
【動画】入場から決めポーズの東城りお
ABEMA