東城りお、堂々のデビュー戦 強きの攻めとキュートな笑顔に視聴者「あーこれは人気爆発ですわw」/麻雀・Mリーグ

 2着で終えたデビュー戦、美人雀士は腕を振って攻め続けた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月11日の第1試合でセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)が初登板を果たし、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)のリーチ攻勢に負けじと応戦、堂々とプラスの2着でポイントを獲得した。

【動画】2着でも決めポーズはばっちり

 東城は東1局、淀みなくテンパイすると即リーチ。佐々木にかわされてしまったが、手つきも表情も気後れしているようなところはない。東3局2本場、東城は平和をテンパイすると、すでに5万点以上の点棒を持ち、さらなる加点を目指し2つ仕掛けているトップ目の佐々木に対して警戒、ダマテンに構える。するとこれを本田からアガって1000点(+600点)の獲得となり、記念すべき最初のアガリを決めた。これに視聴者からも「りおっち初アガリおめおめ~」「東城冷静やな」「いい上がりですよ。みんな来てましたからね」「これは1000以上の価値あるわ」と声援コメントが飛んだ。

 東城の勝負手が炸裂したのは、佐々木に大きく離されたままの南2局。2着目を松本と争っている東城は赤とドラが1枚ずつある好手牌をまとめると、残りツモ番が1回という最終盤でリーチ宣言、四・七万待ちで七万はドラだ。これがなんと山に3枚も残っている。祈るような手つきでツモると、そこにいたのはなんと高目のドラ七万。リーチ・一発・ツモ・赤・ドラ2・裏ドラで1万2000点のアガリとなった。

 デビュー戦、美人雀士の見せ場はまだ終わらない。東城は南3局にもドラを暗刻にしてリーチ。リーチ・ツモ・ドラ3の8000点をツモって、トップ目佐々木との差をさらに詰めた。1万5300点差で迎えた南4局は、佐々木がリーチをかけたことで満貫直撃・倍満ツモ条件が跳満ツモに緩和され、大逆転もあるかとファンもざわついたが勝負はここまで。佐々木に逃げ切られ、東城はデビュー戦を2着で終えた。

東城りお、堂々のデビュー戦 強きの攻めとキュートな笑顔に視聴者「あーこれは人気爆発ですわw」/麻雀・Mリーグ

 インタビューで東城は「トップ取りたかったです、くうー!」と悔しさをあらわにした。「全体的に手が入っていたので、実ってくれればトップが取れる回だったかな」と振り返り、「初戦でも日和らずに打てたので、今後も頑張れると思います」と次戦以降の戦いに大きく手ごたえを感じていた。

 ともすれば佐々木の圧勝劇で終わったかもしれないこの試合を盛り上げたのは、デビュー戦の東城の粘り。激闘を終えた東城には「デビュー戦だと考えると満点の結果」「りおおおおおおおおおお」「話せる選手 すき」「2位なら上出来だよ、次頑張れ~」と多くのエールが投稿されていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】2着でもポーズはばっちり
【動画】2着でもポーズはばっちり
ABEMA
【動画】入場から決めポーズの東城りお
【動画】入場から決めポーズの東城りお
ABEMA