堀慎吾、美女3人に囲まれる“完全アウェー”にド緊張「堀さんも美女です!」と迷実況も/麻雀・Mリーグ

 昨期、KADOKAWAサクラナイツに加入し、チーム準優勝の原動力として活躍した一流雀士も、この時ばかりは緊張したようだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月12日の第1試合は、起家からEX風林火山の二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)、KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)の並び。堀は美女3人に囲まれる「白一点」の状況だった。

【動画】美女選手3人に囲まれた堀慎吾

 「森井(巧・監督)さんのせいで僕が空気読めてないみたいになってるのマジ地獄…」。試合前、このように自身のTwitterでつぶやいた堀は、美女3人の華やかさに圧倒されたのか、序盤から実力を出し切れずにいた。亜樹が豪快にスタートダッシュを決める中、堀は東4局で瑞原から七対子を上がって1600点。そのまま流れに乗りたいところだったものの、以降も卓は完全に女性雀士たちに支配された。

 南1局1本場、どうにか浮上したい堀は白を鳴いてテンパイさせたものの、すぐさま親の亜樹が高目、三色同順の絶好手でリーチ。丸山も粘りながら手を作る一方、北場の瑞原はドラの北を鳴いてアガれば満貫以上を確定させ、卓を大いに盛り上げた。その様を実況の松嶋桃が「強気の美女対決」と評すると、解説の渋川難波(協会)からは「堀選手もいますからね」とのツッコミ。これに対して松嶋が「もう、美女です。美女」と言い切ると、渋川も「美女ですね」と思わず納得する不思議なやり取りもあった。

堀慎吾、美女3人に囲まれる“完全アウェー”にド緊張「堀さんも美女です!」と迷実況も/麻雀・Mリーグ

 結局、この美女対決にも加われなかった堀は、最後に丸山へ放銃して最下位へ転落し、試合後のインタビューでは「今までで一番、緊張しました」と苦笑い。インタビュアーの「先発選手を見た視聴者の皆さんは、岡田(紗佳)選手じゃないのか…というところからのスタートでしたもんね」とのイジリには「今からでも間に合うんで、お願いします」と答えて「今からでもw」「堀さん最高」とファンを喜ばせたが、インタビューのラストでは「まだ2戦なんで、これからゆっくり頑張っていきたい」と、昨年の結果に「満足していない」と言い切った堀は、次回での挽回を誓った。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】美女選手3人に囲まれた堀慎吾
【動画】美女選手3人に囲まれた堀慎吾
ABEMA
【動画】岡田紗佳のサクラピアスにファン注目
【動画】岡田紗佳のサクラピアスにファン注目
ABEMA