オーラスで強襲一閃!朝倉康心、チーム&個人初トップ“なかったはず”のチャンス逃さず/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 約2時間のロングゲームは、劇的な幕切れが待っていた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月14日の第1試合、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)が南4局2本場に跳満ツモ条件をクリアし逆転トップ。自身12戦ぶりの白星は今期初トップ、またチームにとっても今期初の勝利となった。

【動画】初勝利に笑顔の朝倉康心

 この試合の対局者は朝倉、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)の並びでスタート。東1局、朝倉は赤2枚の手にドラ6筒を引いてテンパイ即リーチ。これをツモってリーチ・ツモ・赤2・ドラ・裏ドラの1万8000点をゲットし、早々に大量リードを築く。

 試合後、朝倉が「東1局にリードをしても、結局は周りが大物手を狙って、1人抜け出すことはできないと思っていた」と語ったように、東2局こそ仕掛けて5800点(+300点)を得たものの、その後はライバルの長い連荘に苦労する。南1局1本場は同年代ということもありライバル関係にある白鳥に跳満をツモられ、親被りの朝倉はトップの座を受け渡してしまう。

 朝倉の今期初戦は3着。「モヤっとしていた」という思いを振り切るべく、最後まで逆転を目指した。南4局1本場、伏せればトップの白鳥が、さらなる加点を目指し流局時にテンパイ宣言。本来は“なかったはず”の局が生まれ、ここで朝倉に訪れたのは「メンタンピン」ならば作れそうだが、ドラや赤はなく跳満はかなり難しい手。それでも丁寧に手をまとめ、高目一盃口となる手を8巡目に即リーチ。一発で高目の6索をツモれば跳満、条件を満たすリーチに、視聴者も騒然となった。

 祈りを込めてめくった1発目のツモはなんと6索、裏ドラの南は乗らずも、リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和・一盃口の1万2000点(+600点)となり、ドラマチックな逆転トップを掴み取った。これには視聴者もこの日一番の大興奮で、「一発ツモ!!」「うおおおおおおおおおおおおおおおおお」「すげええ」「主人公だ」「アサクラコウシン!アサクラコウシン!アサクラコウシン!」「あさぴょん最強!」とコメントを連投していた。

オーラスで強襲一閃!朝倉康心、チーム&個人初トップ“なかったはず”のチャンス逃さず/麻雀・Mリーグ

 インタビューに訪れた朝倉は「チームのポイントも苦しかった。前回がモヤっとした3着。早いうちにトップが取れてすごい嬉しいです」と白い歯を見せた。逆転トップの場面では「これは厳しいな、(安目の)9索でもロンだな」と思っていたことを明かし、「あんなことがあるんですね」と、自分でも信じられないといった表情を浮かべた。

 ここまで勝利に見放されていたチームも、これでようやく2021シーズンの船出だ。ファンへ向けて朝倉は「これでチームはフラットの位置に来たと思うので、これからもパイレーツの細かい麻雀をぜひ応援してください」と呼びかけ、コメント欄には「あさぴんのトップは嬉しいわ」「エースじゃん」「かっけー!!!!!」と今後の活躍を期待する声が多数書き込まれていた。

【第1試合結果】

1着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)4万4900点/+64.9
2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)4万3500点/+23.5
3着 KONAMI麻雀格闘俱楽部・高宮まり(連盟)1万2400点/▲27.6
4着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)-800点/▲60.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】初勝利に笑顔の朝倉康心
【動画】初勝利に笑顔の朝倉康心
【動画】待ち牌を次々切られ切ない表情
【動画】待ち牌を次々切られ切ない表情