松ヶ瀬隆弥“砲”、3戦連発の会心トップ!多井隆晴との同門対決にも完勝「とりあえず僕の勝ち」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ライバルのアガリを防ぐ頭ハネで決着、スリリングな逆転トップを決めると、思わず天を仰いだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月14日の第2試合で、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)が逆転トップで個人3連勝、チームの首位を守った。

【動画】ニコニコ笑顔の松ヶ瀬隆弥

 この試合の対局者は渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、松ヶ瀬、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘俱楽部・佐々木寿人(連盟)の並びでスタート。開幕前から同門の多井との対決を楽しみにしていた松ヶ瀬、この試合で早くもそれが実現した。コメント欄は「RMU対決きた!」「こういうのが見たかったのよ!!」「RMUの格付けチェック開始!!!」と好ゲームを期待する声で盛り上がった。

 松ヶ瀬は親番の東2局1本場、先制リーチをかけると、2副露で押し返してきた石橋からロン。リーチ・平和・赤の5800点(+300点)をアガり、過去2戦トップの好調さをアピールした。試合は鳴きにリーチに自在な攻めを展開する石橋がリードし、それを松ヶ瀬が追いかける展開となった。

 同門・多井とぶつかり合いが起こったのは東3局3本場、ドラが七万で松ヶ瀬は配牌の六・六・七万の並びから六万を1打目に選ぶと、8巡目に先制リーチで待ちは絶好の五・八万。これを多井から討ち取ってリーチ・平和・ドラの3900点(+900点)のアガリを決め、トップ目石橋への追撃態勢を固めた。

 南4局、石橋までの5800点差を詰めたい松ヶ瀬は、親の佐々木のリーチを受けた直後に三・六万のノベタンでテンパイ。ドラの三万でアガれば満貫、どこからアガってもトップ終了だ。決着はあっという間、佐々木が三万を掴み、石橋と松ヶ瀬のダブロン、席順によって松ヶ瀬の頭ハネとなり、これで逆転トップ。松ヶ瀬は個人3連勝、チームは首位浮上となった。

松ヶ瀬隆弥“砲”、3戦連発の会心トップ!多井隆晴との同門対決にも完勝「とりあえず僕の勝ち」/麻雀・Mリーグ

 インタビューでは「個人の成績より、チームとしての成績が上向いているほうが僕は嬉しい。いっぱい出させてもらっているので、僕の成績がチームの成績になっている」と、ルーキーでありながらしっかりとフォアザチームの精神を口にした。また待ちわびていた多井との初対決については「まだこれから何度もやっていくと思うんですけど、とりあえず僕の勝ちということで、この後全部、勝ち続けるつもりでやりたい」と、現役最強のトッププロ相手に勝ち切り、今後に向けても自信は十分といった様子だ。

 ファンに向けては「チームとして上々の出来だと思いますが、まだまだ先も長いので、この後も全力で走り抜けますので、応援よろしくお願いします」と語りかけ、この日は「林」の字のリストバンドを掲げてガッツポーズ。早くも今期5戦目にして3トップ。オーディションを勝ち抜き、麻雀の実力だけでチームに選ばれた男が、さっそく大黒柱として鎮座している。

【第2試合結果】

1着 EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)4万700点/+60.7
2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)3万7500点/+17.5
3着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)1万2400点/▲27.6
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)9400点/▲50.6

【10月14日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +102.2(8/90)
2位 TEAM雷電 +82.6(6/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 U-NEXT Pirates +3.1(8/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲27.3(8/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲29.5(6/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲40.1(6/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.0(8/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】ニコニコ笑顔の松ヶ瀬隆弥
【動画】ニコニコ笑顔の松ヶ瀬隆弥
【動画】待ち牌を次々切られ切ない表情
【動画】待ち牌を次々切られ切ない表情